ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

「鯨(くじら)」の物語~鯨船の神事・とっておきの指輪物語~俄の結婚指輪のエピソード

f0118568_18313474.jpg島国の日本では昔から鯨は神聖な存在。
神様からの恩恵でもありました。

中でも中部地方の三重県には、鯨船の神事が今も残ります。
鳥出神社で行われる鯨船のお祭り、鯨突の行事は無形文化財です。代々受け継がれているのですね。

「大自然への畏敬の念」
こうした神事と俄の指輪に共通する点・日本の心だと思います。

f0118568_18275721.jpg今日の結婚指輪「鯨(くじら)」

鯨と人間にはさまざまな物語があるみたいです。
結婚式で、指輪の交換のときに鯨船に乗った「鯨」が登場する、なんてことも起こっているかも知れませんね。
ちなみに鯨突は多度大社と伊勢神宮に向かって行うそうです。
おふたりもその方向に向いて指輪を最初に通すと一層の幸運に恵まれるのではないでしょうか。

結婚指輪の数々を紹介→レッツぎふウエディング
http://f.lets-gifu.com/shop/detail2-3675.html
鯨(くじら)の詳細→俄の結婚指輪HPhttp://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/kujira.html


by diarise | 2013-03-29 18:26 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|