ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

「花麗(はなうらら)」の物語~愛を伝える贈り物~俄の結婚指輪のエピソード

今日の結婚指輪「花麗(はなうらら)」

f0118568_10111215.jpg


指輪や宝石が無かった頃、花婿が花嫁への愛を告白する贈り物は「花束(ブーケ)」でした。
そこに込めた想いは「貴女の幸せを咲かせてあげたい」だったかも知れませんし、「貴女はどんな花より美しい」だったかも知れません。男性が勇気を振り絞って、ありったけの気持ちを捧げたのでした。
その後、1200年以上昔の古代ローマで女性へ贈る結婚指輪が登場します。
男女が交わすようになったのは400年後の中世ヨーロッパ。
結婚指輪には意味と役割があり、結婚する男女をさらに素敵にする宝物になっています。
ところが、結婚指輪の文化が浅く、結婚指輪の意味や役割を知らない日本人は
まだ、結婚指輪を持っていないとき、結婚指輪をイメージしたなら・・・
もしかしたら、丸くて、シンプルで、ストレートなラインのペアルックをイメージしたかも知れません。
ですから、新作の「花麗(はなうらら)」をはじめ、男女の魅力を引き立てるようにと、
ペアでもでデザインが異なる「俄」の結婚指輪は、先に海外で認められますが、日本ではこれから
都会でやっと支持され始めました。
なのになぜか、岐阜県の郊外市には14年前から、「俄」を選ぶカップルサンが集って下さいました。
これは、すごい感動で、皆さんに感謝が絶えません。

現代のウエディングブーケも多種多様でアーティカルです。

f0118568_10115632.jpg


3つのブーケの作者は華道家の假屋崎省吾先生。私も華道を学ばせてもらってます。
假屋崎先生のウエディング・ブーケ情報→http://www.kekkon-bouquet.net/bouquet/1134/
ビジュトリーヨシダが抽選でプレゼントするブーケは、挙式の衣装に合わせた假屋崎先生のフルオーダーメイド。
指輪選びのとき、期間限定でご案内しています。

結婚指輪の数々を紹介→レッツぎふウエディングhttp://f.lets-gifu.com/shop/detail2-3675.html
花麗(はなうらら)の詳細→俄の結婚指輪HPhttp://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/hanaurara.html


by diarise | 2010-12-12 12:12 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|