ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

7月末発売のゼクシィ9月号に掲載されました。

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

f0118568_19241924.jpg



今月登場の俄の指輪は
「月彩(つきさい)」:婚約指輪と「月の雫(つきのしずく)」:結婚指輪のセットアップ例、
「暁星(あかぼし)」:婚約指輪と「茜雲(あかねぐも)」:結婚指輪のセットアップ例、
「初桜(「ういざくら)」:婚約指輪と結婚指輪のセットアップ完成例です。

お二人の新しい幸せづくりのお手伝いを始めて20年以上たちました。
俄の指輪と出会った頃は、人生に役立つジュエリーに集中し始めた頃です。
ビジューはフランス系英語で「宝飾品」を意味します。
ジュエリーは最初、宝石「ジェム」が主役でしたが、装飾品「ジョワイヨリー」としてファッショナブルになり、
使用価値が高く役立つ「ビジュー」へと進化しているという説を聞いたことがあります。
役立つ宝飾品「Bijou」のお店「Torie」がビジュトリー(カフェ・テリアが参考になりますね)。

そして「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。


by diarise | 2012-07-25 19:22 | |ゼクシィに掲載されました|