人気ブログランキング |

ブログトップ

1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎の『みんなの指輪物語』40都道県からのご来訪に感謝で綴ります!

「雷神(らいじん)」と「風神(ふうじん)」の物語~日本の文化が指輪に~俄の結婚指輪のエピソード

一年ぶりに里帰りしてくれた指環を紹介します。

「雷神(らいじん)」と「風神(ふうじん)」の物語~日本の文化が指輪に~俄の結婚指輪のエピソード_f0118568_15563467.jpg


作品名を「雷神」「風神」といいます。

1999年にニューヨークに渡った京都ブランド「俄」の作品は、類まれで日本を表現しています。
風神・雷神といえば江戸時代の絵師・俵屋宗達の屏風画を思い出す方も多いかと。

稲穂の国・日本は風の神様と雷の神様の恩恵で豊かになりました。
風神が雨を呼び稲を育て、雷神が稲につく虫が稲を食べつくさないように雷を落として飛び散らせる。

そして秋の収穫を迎えて、田圃は黄金の園になる・・・・

日本の美しい風景をこれから担うカップルさん、風神・雷神はじめ、俄の指環には
「真・善・美」(愛と真と調和)が溢れています。

お預かりした指環は京都のアトリエに向かいました。
サイズを修正しても跡がまったく残らないように仕上げるためのフォローアップです。
俄かの指環のオーナーのみなさん、保証期間が終わっても、
アフターケアは必ず俄のアトリエで受けられることをお勧め、お願いします。


岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて



俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「結婚指輪について」のページへ

今日の作品「風神」のデザインの物語が紹介されています→結婚指輪・風神のページへ

今日の作品「雷神」のデザインの物語が紹介されています→結婚指輪・雷神のページへ


by diarise | 2008-03-28 16:27 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|