ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

地元に数あるフリーペーパーの一つに「咲楽(さくら)」さんがあります。
話せば長くなりますが、コチラを創刊した
家田里香さんは私のショップのロゴマークのデザインを担当して下さった恩人の一人。
その後、飛躍の道を歩まれて、「結季祥(ゆうきのしょう)」を創刊。
今回リニューアル版として発行される紙面にも掲載されることになりました。
f0118568_15433627.jpg
今回紹介しているのが左上から
[結婚&婚約指輪:結(ゆい)]
[婚約指輪:望(もちづき)]と[結婚指輪:水鏡(みずかがみ)]のセットアップコーディネート指輪
[婚約指輪:暁星(あかぼし)]と[結婚指輪:茜雲(あかねぐも)]のセットアップコーディネート指輪
[結婚&婚約指輪:初桜(ういざくら)]
[結婚指輪:雲龍(うんりゅう)]
[結婚指輪:凛(りん)]
[結婚指輪:梟(ふくろう)]
です。

また、記事の方で、結婚への指輪のトリビアなお話を紹介しています。
中でも、日本の素晴らしさでしょうか「良いこと」は素直に見習う私たちは
結婚と指輪の関係を知らないまま身に着けるようになった
まだ40年ちょっとというビギナーな歴史にあり
海外では女性なら1200年前、男性でも800年前から身に着けた理由や
結婚のための指輪の意味や役割が知られていないため
ピンポイントで書いてみました。
お一人でも多くの方に読んでいただけたら…
日本の未来が少し変わるかもしれません。


by diarise | 2013-12-12 12:12 | |新聞・雑誌に掲載されました|

「この雑誌でビジュトリーヨシダのページを開かなかったら、結婚指輪がこんなに愛しいものとは知らずに買うところでした・・・」
こんな嬉しいお声を下さったカップルさんがあります。
このお二人にも、とっても誠実に、真心を確かめ合って指輪を選んでいただけました。

画像がその雑誌「結季吉(ゆうきのしょう)」のまもなく発売になる誌面です。

結婚指輪や婚約指輪を選ぶことが、年々システムチックになっている気がします。
一生で一番大切で、永遠に残る、純粋な気持ちの証が結婚への指輪。
「モノ」ではあっても、そこに「ココロ」が無いようでは残念ですよね。

素晴らしい指輪は、日本中から素晴らしいカップルさんを呼び寄せてくれます。
それに関わらせていただく事に本当に感謝なのです。
心をいつも糺して、皆さんのサポーターに励みたいと思います!
by diarise | 2010-06-25 22:24 | |新聞・雑誌に掲載されました|

f0118568_1573438.jpg

「ぶぅ」はNPOのキャラクター。関市を中心に神出鬼没の活躍です。
イベントへの出演で忙しい中を取材に来てくれました。
取材の模様は4月1日発行の「ぶうめらん」という情報誌でご覧いただけます。
「ぶぅ」と「ぶうめらん」を応援してあげてくださいね!
by diarise | 2010-03-28 14:57 | |新聞・雑誌に掲載されました|

f0118568_21334012.jpg

岐阜と愛知の結婚情報誌「結季祥」(ゆうきのしょう)の夏号に掲載していただきました。
季刊雑誌は季節先取りなんですね。
この夏、結婚を迎える皆さん、ぜひぜひお幸せを!
by diarise | 2010-03-19 21:37 | |新聞・雑誌に掲載されました|

立春を迎え、卒業シーズンが始まると、なぜかブライダルの指輪の相談が増えるシーズンになります。今年も多くの皆さんからの相談依頼が増えてきました。

「彼女とカタログを見ながら、ダイヤを埋め込んだデザインがいいねって話しています」
こんなご相談もあったりで、ぜひ夢とお幸せを叶えて差し上げたいですよね。
お店で試着するには「結婚後の指輪の使い方」までイメージしてみてくださいね。

結婚前・婚約指輪を普段使い→結婚後・結婚指輪が普段使い、婚約指輪は???

もしも「重ね使い(セットアップ)」をお考えなら、結婚指輪と同時進行でコーディネートをイメージしながら選ばれると、結婚後も活躍してくれる婚約指輪が見つかるのですね。

みなさん理想や希望がいっぱい膨らんでいらっしゃると思います。今日の画像は数年前に監修させていただいたけっこんぴあの誌面。ぜひ参考になさってみてはいかがでしょう。
f0118568_23201360.jpg

指輪の試着をお二人にも楽しんでいただければと思っています。
そのときは、お二人のお気持ちをいっぱい聞かせてくださいね!
PS.吉田雅信というのが私の戸籍名です。昇太郎はビジネスネームとして名乗らせていただいています。
by diarise | 2010-02-03 21:54 | |新聞・雑誌に掲載されました|

f0118568_16403027.jpg
写真は、まもなく書店さんにならぶ
双葉者発刊の雑誌「ブランド ジュエリー 10周年号」からの記事です。
何と、あの谷さんと一緒に紹介していただきました。
取材の際に、個人的に感銘を受けたとおっしゃってくださったライターの上野まゆこさん、白羽の矢を立ててくださったJBSの奥田薫副校長、商品写真にご協力いただいた㈱モリスの森孝仁社長、お世話になりました!
ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ←クリックして
応援してくださいね→
by diarise | 2009-11-26 17:01 | |新聞・雑誌に掲載されました|

f0118568_2020690.jpg
今夜の月がダイヤモンドのように輝いて見えて、思わず写メを撮ってしまいました。

「白雲、満月の想い」と謳われる俄の指輪 「望(もちづき)」 は、京都のアトリエから見える加茂川に今夜のような月が輝いて生れたんだろうなぁ。と想いを馳せたのでした。
茂さん、智美さん、今夜はお二人の婚約指輪は今夜どうしていますか。ぜひ一緒に川のほとりを歩きながら幸せを分かち合ってみてはいかがでしょう。。。


f0118568_20322956.jpg

↑ 情報誌「結季祥(ゆうきのしょう)」2009年秋号より
by diarise | 2009-10-03 20:34 | |新聞・雑誌に掲載されました|

男性のみなさん、プロポーズは一世一代の告白ですよね。
だからサプライズの贈り物を添えて愛を伝えたいのだと思います。
愛する女性に心から歓んでいただきたいですよね。

さて、だからこそ、男性の皆さんにお伝えしたい女性の本音、そして本当に歓ばれた過去の出来事を聞いてください。

「ダイヤの指輪を贈られて嬉しいけど、友達が自分で選ばせてもらったことを知ってかなり残念だった・・・」
じゃあどうすれば??
男性が一人で相談に来てくれたときには、何とか二人で来れない?と提案しています。
どうしても内緒で贈りたい!!
その時は「ダイヤモンドだけ」を選んでもらっています。特別なケースでラッピングして、指輪のフレームの変わりに「極秘」の一品を添えてです。
渡し方は、コインロッカーに隠しておいた男性、CDケースにいれてメモリーソングと一緒に渡した男性などさまざま。
いろんな夢を伺いながら、ご予約いただければ24時間365日ご相談に乗らせてもらっています。

「素晴しい未来を始めるつもりでビジュトリーヨシダを訪ねてほしい」が私の願いです。
ダイヤって、裸石を手に乗せたり触ったり、鑑定用ルーペで中を覗いたり、贈る男性もその魅力を知って、なぜ女性が感動するのか共感していただけたら・・・それが本当の宝物と呼べると思うんです。
f0118568_1525137.jpg
昔から、ちょっと手に入らない美しさのダイヤを集めています。永遠の輝きが、お二人がもっと大人になったときにも永遠の輝きであるように、妥協無く選びに来てくださいね!応援させていただきます!!
by diarise | 2009-07-12 16:21 | |新聞・雑誌に掲載されました|

「新聞に載ってたね!」電話の向こうのお客様の嬉しそうな声に涙が出そうになりました。
そうなんです。岐阜新聞さんの中濃版の取材があり、今日掲載していただきました。
ジュエリーって持つ人の心を潤す魅力があると思うのです。その意味やどんなに稀少なものかをお伝えして理解していただくことも私たちジュエラーの役目です。素晴しいものだからこそとことんしっていただきたくなってしまうのです。
その新聞がこちらです(クリックするともう少し読みやすくなるかと)↓
f0118568_17301282.jpg

取材の日は記者さんが約4時間、熱心に話を聞いてくださって、写真もたくさん取っていただきました。そして取材終了後電話が「写真を撮りなおすように指示があったので・・・」と。新聞には撮りなおしてもらった写真が載りました。取材に来てくれた記者のアキヒロさんがまた素晴しい青年。実は新人さんだったのですがそうとは思えないエスコートで楽しい時間になりました。カメラマンも兼任でとってもやり甲斐あると言う彼です、皆さんも応援してあげてくださいね。
そしてお客様のみなさんの口コミの応援のおかげで取材を受ける機会が増えています。おひとりおひとりにお礼を申し上げたい気持ちで取材を受けるようにしています。みなさん本当にありがとうございます。
記者のアキヒロさん、24時間年中無休のお仕事ですので健康とプライベートとも大切に、これからも読者の心が温かくなる記事をたくさん書いてくださいね!
by diarise | 2008-10-03 19:15 | |新聞・雑誌に掲載されました|

岐阜県下と西尾張地区の結婚カップル応援雑誌「結季祥(ゆうきのしょう)」の最新号がまもなく発売になります。創刊第3号の今回も誌面で紹介していただくことになりました。
f0118568_1814787.jpg

この雑誌の発行人を務めるスーパーレディーさんにはビジュトリーヨシダの誕生のときにお世話になりました。当時、某広告代理店のデザイナーさんでいらしてショップロゴをデザインしていただいたのでした。
そして、その後のご活躍が素晴らしく、独立され数々の情報誌を生み出されました。その最新雑誌が「「結季祥(ゆうきのしょう)」、しかもご自身のご妊娠と同じくしてこの雑誌がそうかんになり、たぶんそろそろ赤ちゃんご誕生だと思います。
二人のお子さんのお母さんでありながら、企業を発展させられている姿はまぶしいほどです。
「社員はみんな可愛い私の子供だから」とおっしゃったのを忘れずにいられません。
どうぞみなさんもこの「結季祥(ゆうきのしょう)」を応援してあげてくださいね。
by diarise | 2008-08-01 23:55 | |新聞・雑誌に掲載されました|