ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

東京・杉並の工房から昨日、製作途中の指輪が届きました。
昭和区のアキコさまのご依頼でネクタイピンだった4カラットのダイヤを指輪へのリフォームです。デザインは任せると全面信頼の相談・責任重大です。

ひとつのリフォームをお受けして、気になるのがその宝石の過去です。日のめを浴びなくなっていても、思い出が詰まってるから蘇らせたいのでは?と、さらには「いつのもの」「誰からのもの」「どう使われてきたの」を知りたくなります。
中には気に入ってるのにサイズが合わなくなりデザインを変えたいとか(単純なサイズ直しがベストな場合もありました。)、金が変色して似合わなくなったからプラチナにリフォームしたいとか(変色を新品に戻し表面をつや消しにしてあっさり解決した事も)、リフォーム以外で解決することも少なくありません。
え~そんなことできるの?とお客様は驚かれますが、お悩み解決にシンプルな方法もあるのです。(写真はワックスという材料で製作した指輪の原型です。)
f0118568_18285031.jpg

いちばん驚くのはリフォームしたけど気に入らないから、前に頼んだ店へは行
けないという方。よくよく拝見すると指輪の内側の出来が悪く、これじゃ痛くて
どうしても嫌なはず。デザインも中指には貧弱。薬指用にサイズを直して、
内側を完璧に仕上げて、石が引っかかるのも、爪を改善すればOK。お
なおしを試してみませんか?と提案しました。結果は大満足。見違え
るように良くなったと。何でも旦那さんがお付合いの関係で頼んだそうで、
お安くできますよの一言に安易なリフォームをして悔やんでいたそうです。

もうひとつ。相談を受けていつも気になるのは、手をかけた後、使いた
いのかどうかということです。お若いころお求めのジュエリーなど
は、それなりの年になって使うには貧弱。いっそ新品仕上げだけをしてジュ
エリーに詰まった思い出をよみがえらせながら大切なメモリーに。。。と
いうこともありました。

え~、今回も完成が楽しみ。デザインと製作を担当していただくジロンジュエリーの高橋先生は、世界的なコンテストで数々の受賞暦をもつスーパーアーティストさん。
超有名ブランドのHもBも日本での加工先にはこちらをご指名だそうです。
一流の腕前は先代譲り。日本の宝飾界にに高橋ありといわれたお人がご尊父さまでもあったのです。
こんなすごい方とお仕事させていただいていることが時々、自分でも信じられなくなるものです。
ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ←クリックして応援してくださいね→
by diarise | 2007-12-12 18:27

うれしい里帰り

神戸のキヨヒコさん、広島のケイスケさん、そして先日はつくばのヒデタカさん
皆さんの宝物「タグ・ホイヤー」と一緒に日本の真ん中・人口重心地の関市へ
所在地→http://map.ocn.ne.jp/cgi-bin/map.cgi?DL_MAP=E136.55.23.8N35.28.41.6&DL_ZM=1&DISP_MODE=1里帰りして下さり有難うございます。

? 指環物語なのに腕時計?? 不思議に思われるかもしれませんね。

私、昨年までタグ・ホイヤーの正規輸入品ディーラーをやってました。
その間、オーナーになっていただいた皆さんは1000人以上。ご縁のあった方は遠く沖縄やアメリカにまでいらっしゃいます。
そして皆さんのおかげで受賞した「タグホイヤー中部・東海・北陸地区ベストセールス・オブ・ザ・イヤー」。大切な勲章です。f0118568_17225396.jpg 
今も店内で輝やく記念のグラスと
世界限定200の限定品
1998年のF1マクラーレンチーム優勝記念セット
ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ←復活しました!クリックして
                       応援してくださいね↓

残念なことに販売品の展示はしなくなりましたがメンテナンスの受付は継続しています。
時計を販売していた当時は各時計メーカーの営業担当者さんが、当店のようなメンテナンスをしている所は日本中他にないと、クリーニングを楽しみにして下さっていました。
クオリティーの追及とケアのサービスは昇太郎のライフワークです。
ぜひまた宝物と一緒に里帰りしてくださいね!
by diarise | 2007-12-10 17:29

「旨い酒って香りが良くって、口に含むとその香りが消えるでしょ。のどを通るときはさらっとだし」
ジュエリーアーティストのS先生、確かにそうです。上等な純米の古々酒がそれ。醸造アルコールが入ってると香りは強く、焼けるような喉越しだし。(もっとも人それぞれ好みはありますが)などなど、
お客様のユミコさんからご相談いただいている「ピクウェの指環」のフルオーダーデザインを打ち合わせするうちS先生とついつい1時間。電話で話しに花が咲きました。
このページで作品の一部が見れますhttp://www.toho-pique.com/main/pique/S先生がお酒の旨さを知ったのは40歳を過ぎてからだそうです。それまでは何でも良かったとか。それがあるとき味わい方を知ってお酒の旨さに目覚めたそうです。スコッチからウオッカから焼酎まで、旨い酒に共通するのは「純粋なお酒を、熟成に必要な時間をたっぷりかけて、そっと寝かせて作られている」事だそうです。

ジュエリーでも、時間と素材を制限することなく、究極にピュアな素材で作られたものはやっぱりオーラが違いますもの。
そして香りと喉越しは、身に着ける前の期待感と着けた時の肌ざわり、飲み干した感動は鏡をのぞきジュエリーで魅力が上昇した姿の感動と似ています。

S先生、今度は流通していない取って置きの焼酎で一杯お付き合いさせてくださいね!
ブログランキングに参加しています

by diarise | 2007-12-09 23:52 | |ラジオ番組に出演しました|

アクシデントにご用心を

今日ご来店いただいたクミコさま、びっくりさせてしまいましたね。
と言いますのも、お着けになっていたパールをお預かりした途端、ネックレスの糸が切れてしまいました。
首もとのネックレス、SOSのような気がしてはずしていただいたら・・・予感的中でした。外出先でなくて本当に良かったです。他にもお持ちのパールたちも、ぜひケアさせてくださいね。
パールの糸は寒さが始まると切れやすくなります。気になる皆さん、ケアのご相談はいつでもどうぞ!

この先の目標に「黒真珠」を、と思っていらっしゃる皆さん、お待たせしました。
かわいい表情のタヒチパールが到着です。素材の供給元はあえて名前を出せませんが世界一のあそこです。真珠を徹底的に学び続けて吟味した結果、もう他からは調達できなくなりました。年間の提供数は僅かですが、つける方の肌の表情を素敵にするお色をお教えして選んでもらってます。宝石と着ける女性とお互いに高めあうマッチング、感動していただいてます。
f0118568_1655629.jpg
最近は、とめ金具やコーディネートアイテムも変わってきました。一部、海外で製作するものもありますが、すべてプラチナ製で対応することも出来ます。最近はプラチナジュエリーをめっきりお目にかからなくなったと聞くことも多くなりましたが、やっぱり女性はプラチナがお好き。探していらっしゃる方、先ずはビジュトリーヨシダをのぞいてみてください。
by diarise | 2007-12-02 21:35 | |ラジオ番組に出演しました|