ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

私の宝物(2)

新婚さんのみなさんからもたくさんの年賀状をいただきました。
f0118568_15382442.jpg

挙式当日のカップルさんはどなたもステキ。
ポストカードに綴られたメッセージを読ませていただくと
初めてお会いした日のことを思い出します。
こんなに多くのみなさんに、思い出に残る指環を手にしていただける幸せ。
みなさんのお幸せを祈るばかりです。
幸せのおすそ分けという宝物を、ほんとうにありがとう!
これからもお幸せに!!
ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ←クリックして応援してくださいね→
by diarise | 2008-01-28 15:26 | |みなさんへ感謝をこめて|

私の宝物

今年もたくさんいただいた年賀状。
赤ちゃん誕生やファミリーのお写真までいただきます。
そして綴っていただいている近況を読ませていただくのも楽しみ。
佐々木夫妻さん、10周年へ向けてのご相談。お任せくださいね
f0118568_15463224.jpg

これまでに、何通、いえ何百通のポストカードをいただいたことでしょうか。
2年間は店内のフォトフレームに飾らせていただき、その後はフォトアルバムに
大切に保管させていただいています。子供さんなどは、初めてきたジュエリーショップに自分たちの写真が飾ってあることが不思議だけど嬉しいみたい。
2回目からは必ずフォトフレームの中の写真を探してくれて、とっても可愛いのです。素晴らしい宝物、みんなの笑顔をありがとうございます。
これからも健康でお幸せを!
by diarise | 2008-01-27 15:43 | |みなさんへ感謝をこめて|

1月23日は「ジュエリーベストドレッサー」授賞式があり、TVでご覧になった方も多いと思います。
この日私も会場となったビックサイト東京の国際宝飾展にいました。今年一番注目の受賞者は、レッドソックスの松阪投手。誕生したお子さんに、奥様へのエンゲージリング以上のダイヤを贈ったそうで、話題になっていました。

毎年行われるこのイベントは、こうした表彰式だけでなく、ジュエリーを学ぶ機会でもあります。
今年は、エッセイストとして著名なフランソワーズ・モレシャンさんにお話を伺うことが出来ました。
f0118568_16183076.jpg
お会いして感動したお言葉を2つ紹介したいと思います。
①女性のお洒落は40歳から始まる。
フランスでは40歳まではお嬢さん。40歳を過ぎてはじめて大人の女性とみなされるそうです。
日本女性は年を重ねることをマイナスに考えますが、それは残念なことだと。私流に言えば結婚も男女がステキな大人になるスタート。と同じ発想です。
②羊のようにならない私らしいお洒落を。
ブランド品が好きな日本女性ですが、みんな個性がなく羊の群れみたい。私らしい着こなしをしたらもっとステキなのに。シャネルやディオールで仕事をしていた方がこうおっしゃいます。ブランド品に着られるのではなく、着こなしてほしいと。ジュエラーはそのアドバイザーです。

お話を伺った90分はあっというまで、ジュエリーのお洒落について山ほどの学びをいただきました。それはどれも女性をステキにするヒントばかり。お店でジュエリーを選んでいただく時にはぜひお伝えしたいものです。

ところで、写真のモレシャンさん、何歳だと思いますか?43歳の私より上なのは確かなのですがふた回り以上も年上だったなんて・・・。
by diarise | 2008-01-24 16:13 | |みなさんへ感謝をこめて|

今年もたくさんの年賀状をいただきました。
(近日中にこのブログでお披露目したいと想います)

そして、今夜やっと全部にお返事が書けました。
遅くなった皆さん、年賀状ちゃんと届きましたのでご安心を。

中にはご結婚以来、十年以上ご家族そろっての写真入りで年賀状をいただくこともあって
子供のない私には、わが子か孫の成長のように嬉しく拝見しています。

これから春に向けて、入学入園を控えてのジュエリー相談も増えてきました。
ファミリーの節目に、記念になる宝石を持つこともすばらしいことだと思います。
もちろん、お手元のジュエリーを式典に向けてのケア(新品修理、真珠の糸換)やリペア(サイズや長さの調整)もお任せいただいています。

いざというときのジュエリーは、身につける人の信用を生みます。
私のジュエリーへのテーマがクオリティーなのも、お嫁にもらっていただく皆さんに
ジュエリーの品格を提供したいからです。

どこのものでも、何でも一緒。では申し訳がありません。
地方都市の街外れの宝石店ですが、気持ちと姿勢は超一流を
今年もめざして行きます。
by diarise | 2008-01-11 23:43 | |みなさんへ感謝をこめて|

お正月は指輪も里帰り

今年初めてのブログです。
今年もよろしくお願いします。
このお正月は7年ぶりに元旦からお店を開いていました。
里帰りの途中に寄っていただいた皆さん、ありがとうございました。

満員の店内で、ゆっくりご挨拶もできなかったみなさん、
申し訳ありませんでした。どうぞご勘弁を。。

つねづね指輪などジュエリーのアフターケアを!とお伝えしているのは
指輪と一緒に皆さんに里帰りしていただきたいから。
2年、3年と経って、その方ならではの使い方の小傷が味になって
風合いを増す様子を拝見するのが嬉しいのです。
もちろん、ご希望とあれば新品仕上げでピカピカにもなります。
愛情を持って使っていただけるジュエリーは幸せです。

そんな中で、信じられないようなアクシデントの指輪も里帰りでした。
1998年に日本で初めてこの関市でオーナーが誕生したドイツジュエリーの
クリスチャン・バウアー。
10年目で初めての「指輪のダイヤがなくなってしまう」というアクシデントが発生です。
早速バウアーのオフィスへコンタクトを取りましたが、
過去に1例だけ、ダイヤが1つ外れたことがあるそうですが
二つとも外れることは初めてだそうです。
こういう場合、思いも寄らない負荷が指輪に与えられているので
指輪を着けていた指にお怪我はなかったかが何より心配になります。
幸いお怪我はなくて、指輪も原型を留めていましたので不幸中の幸いでした。
昨年からバウアーの販売は見合わせていたところですが
アフターケアは引き続き万全の体制で行ってゆきますので
もしも、の時は大至急お声がけください。

子年の今年は繁栄の年だそうです。世界中に幸せが繁栄しますように。
by diarise | 2008-01-10 23:26 | |ラジオ番組に出演しました|