ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

嬉しい里帰り来店

マサトシさん ミユキさん ナツミちゃん 今日のご来店ありがとうございました!
結婚、出産、育児とママの生活が始まると指輪のサイズが小さくなる女性は半数以上。
指輪のサイズのお直しの、フォローアップをさせていただけると指への負担がなくなります。
指輪も喜ぶんですよ。
こうして指輪の里帰りをしていただいたとき、当店ではこんな順番でフォローアップしています。
f0118568_11343877.jpg①指輪の現状サイズの確認 ②サイズを修正するための新しいサイズの測定 ③指輪のダメージの確認(変形、キズ・へこみ、宝石の状態、宝石を留めている爪の状態) ④ケアの内容の確認 ⑤製作者へ保険をかけての発送(今回は京都、海外品は海外へ) ⑤クラフトマンの作業 ⑥当店到着、検品 ⑦お客様へ

今回は、サイズを1.5番大きくすることになりました。(平均的には2サイズ大きくも)
指輪のサイズ修理は、指輪の一部を一旦切り離します。次にカットした断面を鏡面上に磨きます。サイズを大きくする分だけ、指輪を開き、出来た隙間に指輪の素材と同じ純度の同じ素材をたっぷり足します。足した素材と指輪は、レーザー光線で溶かして接着。足した部分のデフォルメが指輪と一体になるように仕上げて完成です。

当店の修理のポイントは、指輪に修理の痕が判らない仕上がりになるところです。指輪やジュエリーは製作者によって貴金属の純度やブレンドが違い、製作者以外が修理すると、修理した箇所がみっともなくなる場合が多すぎます。こうして修理ひとつでも里帰りしていただくことは、お客様のためにもベストなことなのですね。
今回お預かりした俄の作品は、無料保障期間が2年間。2回目の結婚記念日前にはぜひ忘れず里帰りしてください。そのときはサイズやダメージの確認をさせていただいて、将来も安心して使える状態にさせていただいています。
指輪もダイヤモンドも、品質重視の私どもです。修理の品質もご期待くださいね!
by diarise | 2008-06-30 11:56 | |みなさんへ感謝をこめて|

今日のお客様、各務原市のヨシユキさんには目標があります。
結婚後、毎年ダイヤモンドを集めて10周年には指輪にする。という目標です。
2002年のご結婚のとき、結婚指輪をお求めいただいたのがご縁で毎年七夕頃になると
お越しいただいて。そして6年目の今年も、次女のヒメちゃんと一緒にご来店くださいました。
10年目にどういう指輪になるかと言うと・・・こちらです↓
f0118568_1527353.jpg

この指輪のイメージにぴったりな、ラブリーな奥様です。だけどちょっぴりゴージャス。
このおしゃれなデザインは、10粒のダイヤモンドを立爪でとめます。
「え?立爪?ストッキングにひっかっかって使いづらいじゃない」という声も聞こえてきそうですね。だけどご安心を。身内の自慢じゃないですが、指輪の最終仕上げをお願いしている職人さんはストッキングにひっかっからないくらいまで優しく爪を仕上げてくれます。社交ダンスがご趣味でもドレスアップして踊るとき着けられるレベルの仕上りです。
だから婚約指輪をお求めいただいた花嫁さんには、結婚後もどんどん着けていただいています。
最高の幸せのために、最高のダイヤモンドを選んでいただくのですから、小さな爪留めひとつまで最高レベルの職人さんに協力していただく、これもおもてなしのひとつと信じています。

さて、結婚をきっかけに指輪やジュエリーに接する機会が多くなります。それも、飽きたら使わなくなるアクセサリーではなく、生涯を共にするジュエリーとの出会いが。婚約や結婚の指輪を選ぶときは清水の舞台から飛び降りる気持ちで、思い切って購入されていると思うのです。がんばったその結果が、ステキな夫婦になられ、温かい家庭を築かれ、愛情いっぱいの子育てにもつながっていらっしゃる気がしてならない。。。
人生の節目に指輪を選べるような未来をみなさんにも迎えていただきたいと願うばかりです。
by diarise | 2008-06-28 15:40 | |みなさんへ感謝をこめて|

トモチカさん サチコさん 昨日はありがとうございました。
わざわざ関の田舎まで足を伸ばしていただいて、いい指輪選びをしていただけたと感謝しております。
指輪って「この一本」に決めるまで、色んな気持ちが巡りますね。
ご希望だった俄の「水鏡」もそうだったのでようね。お気に入りのデザインでも、本当にそれがベストなのかどうか。お二人の場合は間違いなくベストでしたよ。
私は時々お客様に「ほんとにいいの?」を連発することがあります。
中にはお気を悪くされる方もあると思います。私も人間ですので、ソフトに伝えらない日もありましたから。
一生に一度でずっと残る指輪って、結婚後数年してから満足度がはっきりしてきます。
それは結婚後の男女の成長スピードが著しいから。数年たって、それなりのご夫婦になったとき、結婚のときのジュエリーの影が薄くなってほしくないと思うあまり、妥協や誤解をなさっている姿を感じると、ほおっておけなくなるからです。
f0118568_1857729.jpg
今回の「水鏡」は貴金属素材のアレンジをご希望でした。
女性は「ピンクゴールド」男性は「プラチナゴールド」でオーダーいただくこともできます。
カラーゴールドの指輪は、使う方のお肌のパーソナルカラーとの相性を診断させていただきます。お二人はOKです。
男性用の指輪のデザインでは太すぎる場合は、女性用のボリュームでダイヤモンドのないタイプにすれば大丈夫です。
男女同じ指輪にして、お二人のうちどちらかが合わなくて、という場合は無理をせず、思い切って別の作品を選びあう、そのほうがペアらしく使える、といったこともあります。
ジュエリー選びに方程式はありませんから、自由な発想で、ご自分の魅力を発揮できるスタイルに出会っていただきたいのです。
サチコさんは京都から、トモチカさんには岐阜市内からお越しいただき、帰り際に「来て良かった」とのお言葉をいただきました。多くのジュエリーショップがある中を、探し当ててお越しいただくだけでも光栄なのに、最高のおコトバを贈っていただきました。
本当にありがとうございました。お二人も幸せになりましょうね!
by diarise | 2008-06-22 19:06 | |ラジオ番組に出演しました|

KさんSさん、今日はありがとうございました。

先週に引き続きお会いできて、指輪たちも幸せに輝いていました。f0118568_23345891.jpgもしかしたら日本初、多分世界初、の組み合わせになった
「杜若(かきつばた)」と「凛(りん)」と「綺羅(きら)」です。
おふたりの魅力にピッタリのデザインだと思っていましたが、
それ以上のご縁を今日のお話を伺って感じましたよ。というのも・・・
「杜若」の花言葉は「幸運の贈り物」です。
運の良いおふたりにピッタリです。
そして写真の「凛」は、
人として内面から輝いていて、周囲の空気を浄化するような魅力の
Sさんにふさわしい作品だと。
そして「綺羅」は紡ぐ糸の重なりの美しさ、
幸せを編む時の輝きがテーマで誠実なイメージが
Kさんにぴったりでした。
キラキラと美しいオーラは邪悪なものを寄せ付けません。
将来、変化する指輪の表情は変わっても、指輪のテーマや
おふたりの初心は変わらないと思うのです。

f0118568_23351192.jpg
この綺羅がKさんを守ってくれることを願いたいと思いました。
婚約指輪選び、結婚指輪選びをしながらのおふたりの、
お幸せの成長を拝見して嬉しくなりました。
わざわざ岐阜市からお出かけいただいた甲斐があったと思います。
奇跡のダイヤモンドもお届けできることになって、お伝えしたいことが尽きませんが、
5週間後の完成をお楽しみになさってくださいね。これからもお幸せを!!

結婚指輪の数々を紹介→レッツぎふウエディングhttp://f.lets-gifu.com/shop/detail2-3675.html


by diarise | 2008-06-14 23:52 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|

エイサクさん、アイコさん、今日は訪ねていただきありがとうございました。
早いものですね、あれからもう10年。。。
カーナビも普及していなかった頃に、ひょんなことから当店を知っていただいたのがご縁で、ご結婚10年目の記念もお求めいただくことになるとは、感謝の至りです。
10年前のあの時も、すっごく感謝だったのですよ、ノンプロのテニスプレーヤーだったエイサクさんに結婚の記念品をわざわざお選びいただけて。
お客様お一人一人との思い出が、今の私の活力になっています。
お預かりした修理品はお約束どおり宅急便でお届けします。
10年たってもステキなご夫婦のまた10年後も楽しみにしていますね。

PS,二人の男の子さんとも仲良くなれて嬉しかったですよ。特に下のお子さんはすっかりなついてくださって。次回もまたご家族みなさんとお会いできることを願ってます。
本当にありがとうございました!
by diarise | 2008-06-01 02:26 | |みなさんへ感謝をこめて|