ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

1、カッター 2、クラフトマン 3、ブリーダー(答えは最後に)
私がダイやモンドの虜になる出来事が今から10年前の12月にありました。
この年、過去に類がない新構想のカットのダイヤモンド「ブリリアントローズ」が誕生したのです。開発したのはシャクター&ナムダー社(当時ダイヤモンド研磨の世界トップ3の1社)。
社長のアブラハム・ナムダーさんが世界中にこのニュースを発信、友人の巽良友さんの努力で日本が世界初の販売国になったのです。
そのナムダーさんが日本に来日したときのこと私は直接お話を伺えました。このダイヤ開発の構想には1年をかけ、実現には5000人時間がかかり、当時のナムダー社500人の職人さんのトップチーム50人だけがこのカットを手がける、というシークレットな話から、ダイヤモンドの本質、輝きの楽しみ方まで、業界人も目からウロコの体験ができたことを思い出します。私はダイヤモンドの虜になりました。
f0118568_160533.jpg
この時ナムダーさんが「このダイヤのカットを命名をしたのはわが社のチーフブリーダーのジェロームだ」と言ったのです。ブリーダーは育てる人のはず??と私は質問しました。答えは「ダイヤは職人が原石と会話するように磨き上げるんだよ。原石の良さを引き出すように大粒に育てなければならない。無理なダイエットをさせてはいけない(磨きすぎはいけない)んだ。」と聞いたのです。
ダイヤモンドは育てるように磨かれる・・・私のダイヤモンド観がまったく変わった瞬間でした。
そして答えは・・・「ブリーダー」でした
by diarise | 2008-12-30 20:03 | |ダイアモンドの新知識|

ジュエリーにシーズンってあるんですか?今日のお客様に尋ねられました。
1年中楽しめるのがジュエリーですが、あえて「いつ?」と言われると
12月なのかな・・・と思います。
クリスマスプレゼントにジュエリーをって願う女性は多いでしょうし、年末セールとかもよく見かけますし。一番の理由は、室内で行われるイベントが多い時期で、それなりの場所へ行くことが増えると思うからです。TPOのひとつとしてジュエリーを着ることが増えるわけですね。

そこで皆さんへご提案。お出かけ前に洋服をクリーニングに出すように、ジュエリーもクリーニングしましょう。気になる傷などは新品修理も出来ます。昨日、納品させていただいたアキコさまには「嘘みたいに新品になって、こんな体験初めて」とのうれしいお言葉をいただきました。お世話になってるみなさんへの恩返しでもあります。ぜひぜひお声掛けくださいね。

そして、12月1日といえば3年前の、この日の出の写真。
f0118568_1125396.jpg
伊勢 二見浦から望む日の出はこの季節が絶景です。
by diarise | 2008-12-01 21:17 | |みなさんへ感謝をこめて|