ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

今日は私がお世話になっている職人さんのお話をしたいと思います。
ミキモト装身具で腕を磨かれた後、家業に戻られた四代目宝飾師・猪瀬貞雄さんです。
ミキモトと言えば、国内では洋装の浸透に先んじて、ヨーロッパの高度な技法を取り入れた宝飾品を皇室に納入し、1920~30年代には、アール・デコの装飾様式をデザインの基調に、美しい幾何学模様と知的な直線を特徴とするミキモト独自のスタイルを完成させています。
その中でも宝飾史に名を残す逸品に、1937年のパリ万博に出品された多機能ジュエリー「矢車」があります。それがこちらです。
f0118568_2372596.jpg
この作品は帯留めを基本に、ブローチ、髪飾り、指輪など12通りの使い分けができるます。そのアイデアの斬新さと美しさ、そしてデリケートな技術で世界をアッと驚かせました。「矢車」はパリで買い取られた後、行方が分からない幻のジュエリーとなっていましたが、1989年にニューヨークのオークションを通じてミキモトに戻り、現在は鳥羽にある御木本真珠島に所蔵されています 。
f0118568_238487.jpg

ミキモト出身の職人さんたちは仕事に妥協をしません。ミキモトの職人と街の職人の違いがそこにあると聞かされました。修理ひとつをお願いしても「そこまで手をかけてくれるの!」という出来栄えです。いわゆる工賃は日本一安くありませんがそれ以上の仕事ぶり納期の厳守で応えて下さいます。ですから仕事が増える一方だそうで、なのに小さな仕事でも引き受けていただけることが有り難いばかりです。

矢車に代表されるミキモトの職人スピリットで猪瀬さんが完成させたのが「知恵の輪の指輪」。この指輪は4つのデザインの指輪が全て繋がって一つの形になっています。一度分解すると・・・・こんなカタチですが元に戻せる人は10人に一人くらいだそうです。
f0118568_2392346.jpg

この指輪にチャレンジして完成するとこんな感じです。
f0118568_2391514.jpg

完成したこの指輪を着けれる女性には幸運が舞い降りてくるかもしれません。
f0118568_239582.jpg

ミキモトで修行した職人さんには不可能の文字は無いのかもしれませんね。(感動)
by diarise | 2009-07-31 19:27 | |ラジオ番組に出演しました|

男性のみなさん、プロポーズは一世一代の告白ですよね。
だからサプライズの贈り物を添えて愛を伝えたいのだと思います。
愛する女性に心から歓んでいただきたいですよね。

さて、だからこそ、男性の皆さんにお伝えしたい女性の本音、そして本当に歓ばれた過去の出来事を聞いてください。

「ダイヤの指輪を贈られて嬉しいけど、友達が自分で選ばせてもらったことを知ってかなり残念だった・・・」
じゃあどうすれば??
男性が一人で相談に来てくれたときには、何とか二人で来れない?と提案しています。
どうしても内緒で贈りたい!!
その時は「ダイヤモンドだけ」を選んでもらっています。特別なケースでラッピングして、指輪のフレームの変わりに「極秘」の一品を添えてです。
渡し方は、コインロッカーに隠しておいた男性、CDケースにいれてメモリーソングと一緒に渡した男性などさまざま。
いろんな夢を伺いながら、ご予約いただければ24時間365日ご相談に乗らせてもらっています。

「素晴しい未来を始めるつもりでビジュトリーヨシダを訪ねてほしい」が私の願いです。
ダイヤって、裸石を手に乗せたり触ったり、鑑定用ルーペで中を覗いたり、贈る男性もその魅力を知って、なぜ女性が感動するのか共感していただけたら・・・それが本当の宝物と呼べると思うんです。
f0118568_1525137.jpg
昔から、ちょっと手に入らない美しさのダイヤを集めています。永遠の輝きが、お二人がもっと大人になったときにも永遠の輝きであるように、妥協無く選びに来てくださいね!応援させていただきます!!
by diarise | 2009-07-12 16:21 | |新聞・雑誌に掲載されました|

気象庁の発表ではありませんが、岐阜地方の梅雨が明けました。たぶん。
と言うのが当店の夏の風物詩、午後8時に大挙飛来する黒い虫。アリに羽の生えたような虫がショーウインドーには数千匹張り付いてしまう・・・恐怖のあまり画像でお伝えできません。
なのですが20年来この光景が始まると数日内に気象庁の梅雨が明けていました宣言が出ます。とっても正確な虫の知らせです。

そして今日の作品は「暁(あかつき)」と「赤夏(せっか)」
f0118568_2043029.jpg暁は夜明けの空という意味の日本語ですね。結婚に向けて人生の朝が明けてくる・・・昇る朝日の眩しさに幸せを感じるというデザインのエンゲージリングです。中央のダイヤモンドはソリテールな爪留め以上にダイヤを輝かせる新時代のセッティング。普段も使えて、それなりの場所では大きく輝く魅力的なデザインです。
赤夏は人生を季節に例えた時、結婚の頃が夏、そしてその色は赤なのです。昔の日本人が人生の春夏秋冬を青春、赤夏、白秋、紫冬と形容したなごりなのですね。そういえば平成になって青春と言う言葉も死語にちかいような。。。この赤夏はフォルムの中心の斜めのラインが季節の変わりめを表現しているようで、使い込むほど風合いが増す魅力がある指輪です。

私はやっぱり俄の指輪が大好きでなりません。かなり手前味噌だと思いますし、親バカかもしれません。それを差し引いても、やっぱり俄は私の中のナンバー1。ダイヤモンドもこれだけのクオリティーですから選んだ花嫁が何年経っても飽きずに愛してくださってるのも当然だと思います。そして頑張った花婿さんは愛の自信につながっているみたい。みんなの幸せが輝き続けるようにフォローアップも任せてくださいね!
by diarise | 2009-07-07 21:02 | |ラジオ番組に出演しました|

直訳すると 情熱 使命 行動 というこの言葉
日本を代表するジュエリーブランドMに、創業者から100年以上受け継がれているという指針。
これを教えてくれたのは当店が仕入でお世話になっているヤスタカさんです。そして彼らがどんなジュエリーを手がけているかと言うと、直営店以外で並ぶかもしれないのはこんなジュエリー(真珠の天使の頭にあるリング)。
f0118568_19173266.jpg
真珠が本当に美しいのは当然ですが、リングのデザイン、内面までの作り、メレダイヤモンドの品質から留めまで惚れ惚れしてしまいます。誤解があってはいけませんのでお話しておきますね。このMブランドの直営店に並ぶジュエリーは当店にはございません。このMさんの素材部門さんのご好意で世界中の真珠素材と、同じアトリエで製作されているジュエリーを提供していただいているのです。また、私がジュエリーを学んだ大先輩方のN先生、H社長、K博士はこちらのOB。加工や製作をお願いしているIさん、Tさんは目黒アトリエのOB。20世紀のジャパンジュエリーの核だった方々とのご縁が今の私を育て下さいました。この幸運に本当に感謝です。
そして今、俄とのご縁も幸運。日本のジュエリー史に軌跡を残す方たちとのご縁が21世紀も続いていきます。
今日紹介したい作品はこの「糺の森(ただすのもり)」
f0118568_19422231.jpg
世界遺産の原生林、京都下賀茂神社のあの場所がこの指輪のテーマです。こうした神々しい名前は邪な使い方をするとバチが当たります。この指輪が登場して俄がどうなったかと言うと・・・国内より先に海外で評価され、今やこの人気。ですがその背景にはジュエリーの本質を追究しながら縁ある皆で成長を続けようという心、信念で想像を絶する努力を続けています。これからまだまだ研ぎ澄まされていかなければと、俄のスタッフは思っているはずです。
私も、こうした素晴しいジュエリーを販売するのに相応しいジュエラーを目指しますね。そしてこうした指輪たちのオーナーになる皆さんにも素晴しい未来が訪れますように!
by diarise | 2009-07-03 19:26 | |ラジオ番組に出演しました|

宇宙と宝石

f0118568_23214523.jpg「宝石は小宇宙」業界では耳慣れた言葉がやっと理解できた昨今。
以前はただのセールストークだと思っていました。
宝石の拡大写真を見てもそうは感じませんでした。
と過去形で書いていますよね。それは
f0118568_2321551.jpg
宝石の小宇宙との出会いがあったから、鑑定士仕様の顕微鏡で宝石の中を覗き込んではじめて実感できたからです。(写真はルビー)
こうなると、お客様とこの感動を分かち合いたい!だって、宝石の中に見える内包物が形成されるのに、わずか1mmに億単位の年月がかかっているんですよ。そして模様がとても美しい
思い立ったがなんとやらで、某宝石鑑定機関の代表にお願いして、鑑定用の顕微鏡を払い下げていただきました。お店で、生でごらんになっていただきたいものです。(こちらはダイヤモンド)f0118568_23201184.jpg
宇宙に話が戻りますが、たとえば星がひとつ突然消えたとします。それだけで宇宙の均衡が保てなくなり宇宙全部がなくなってしまう?!という話を聞きました。そう思うと・・・見上げる星一つ一つが愛おしくなります。そういえばダイヤモンドも、光の7色のどれか一つかけても透明な輝きは消えうせてしまいます。その他の宝石も色を失くしてしまう。。。f0118568_23144021.jpgこの輝きがなくなってしまうんですね。じゃあ宝石が地球上に無くなったとしたら・・・世の中は無味乾燥してしまう気がしました。この世の中から「色」が消えてしまうみたいで。。。宝石って人の心に及ぼす影響は少なくないようです。だからというわけじゃありませんが宝石って大好き!!
by diarise | 2009-07-02 23:47 | |ダイアモンドの新知識|