ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

先日 素晴しい挙式を行われたお二人から、假屋崎先生作のブーケ姿のお写真を届けていただきました。とっても素敵なお姿です。
f0118568_20512773.jpg

ブーケ製作の時には、お二人のドレス姿と会場の写真など事細かに資料を準備していただき、お式に合わせて手作りしていただいているのですが、今回も素晴しいオーラに包まれた花嫁さんが誕生しました。ヘアーオーナメントとブートニアも流石の出来栄えでした。本当におめでとうございました。披露宴では、お二人の結婚指輪「嵯峨野(さがの)」のスクリーン映像を使ったお披露目もあったそうで、本当にお幸せいっぱいなおふたりでした。

f0118568_20513999.jpgそしてこちら、内祝いの和菓子まで頂戴してしまい、お心づかいに感謝でいっぱいです。今ではとっても貴重な「鯛の尾頭付の和菓子」。お味も絶品でありがたく賞味させていただきました。ありがとうございました。
勇輔さん、美香さん、これからもお幸せに!
by diarise | 2009-09-28 20:50 | |みなさんへ感謝をこめて|

アフターケアについて

沖縄県の麻倫さま、お電話ありがとうございました。

ご結婚11年目を迎えられ、スタートの年にお世話になった数々の宝物のひとつがタグホイヤーの腕時計でした。10年間のメンテナンス保証をずっとさせていただいていましたが、今回リューズが動かなくなり、たまたま沖縄の正規販売店さんに持ち込んだところ大変なことになってしまわれどうしたらいいですかとのこと。何でも店内で修理をしてみて、手に負えなかったらブランド元に送るとのお話で預けたそうですが、結果はリューズがもっとおかしくなったからやっぱりブランド元に、、、だったそうです。
この場合、正規販売店は店内修理を行うことはありえなく、ブランド元のカスマターセンターへ直送する約束になっています。熟練の職人さんが店頭にいても、純正部品がブランド元にしかない海外時計の場合、修理することはお客様の不利益になるからです。
当店でのタグホイヤーなど腕時計の販売はほぼ終了させていただきましたが、保証期間後の場合でもアフターフォローは永続させていただいています。
また、現在取り扱いを見合わせているクリスチャンバウアーも同様です。このほか、発売元が消滅したセイコージュエリーなどはOEMの製造元とのパイプがあるので大丈夫です。
麻倫さま、お手数をお掛けしますが宅急便の到着をお待ちしていますね。
f0118568_165694.jpg
ビジュトリーヨシダでは、販売させていただいたジュエリーの修理は製作元の職人さんに担当していただくことを大原則にしています。
ジュエリーは使用している貴金属の純度は同じでも、配合されている貴金属の種類が多様なこと、製作過程を知らない職人さんが修理を行うと作品の品質が低下してしまうことなどの理由からです。
海外製品の場合、本国に送って対応させていただく場合もありかなりの日数をいただく場合もありますがご期待以上の仕上がりになって帰ってきます。
また、オーダーメイドのご相談の場合、カタログや写真を持ち込んでいただいてもお引き受けしないのは知的財産権(商品の著作権のようなもの)を侵害する違法行為だからです。
一生お付き合いしていただく大切な指輪だと思うんです。
胸を張って使っていただけるジュエリーを提供させていただきたいと思います。
by diarise | 2009-09-25 15:33 | |ラジオ番組に出演しました|

指輪の緊急事態!!

「手と指を蜂にさされて、指が腫れて疼くので指輪を切断してもらえますか?」と電話をいただきました。
病院で治療を受けた際、指輪が痛くなったら外した方が良いので、その時は消防署で切ってもらうようにと、奥様の気転でその前にビジュトリーヨシダに聞いてみようと連絡をいただいた訳です。さっそくお越しいただいて約三十分後、指輪は切断することなく無事に外させていただきました。
もちろん切断する機材も準備していますが、9割以上の方の指輪は切らずに外させていただいています。
それにしても今回は激痛に耐えて頑張ってくださったおかげだと思います。
f0118568_23383750.jpg

そして翌日、今度は奥様と生後4ヶ月目の明日夢(あすむ)くんと一緒にわざわざお礼にお越しいただきました。その上、名披露のクッキーまでいただいてしまい、もったいなくてなかなか食べられませんでした。
指輪が外れた時はホントは激痛だったそうですが、指輪を切るくらいならという思いがいっぱいで外す間は痛さが感じられないくらいだったそうです。指輪を大切にする夫婦は家庭も大切にすると聞きます。明日夢くん、素晴しいパパとママですね。元気にスクスク成長してくださいね!
by diarise | 2009-09-15 23:29 | |ラジオ番組に出演しました|

9月9日は菊の節句の日、重陽の節句と言います。
1月1日は元旦、3月3日は桃の節句、5月5日端午の節句、7月7日七夕と奇数月のぞろ目の日を祝う風習がある中、忘れられてしまいかけている日本の記念日です。
ちなみの10日10日が体育の日だったのは、東京オリンピックの開催に向けて晴天になる確率が一番高かった秋の日を開催の日にしたのが始まりでした。

こうして長い年月にわたって続く日本の伝統の記念日、四季があり季節に移ろいがある日本ならではの素晴しい習慣だと思います。一定の順序で、循環的に繰り返す日本の自然。これを人生に例えた作品が「輪廻」(りんね)です。
f0118568_2041433.jpg

毎年の重陽の日に、つい思い出す一品です。
HPが不備のため当店の地図はこちらをご参考になさってくださいね。
http://map.ocn.ne.jp/cgi-bin/map.cgi?DL_MAP=E136.55.23.8N35.28.41.6&DL_ZM=7&DISP_MODE=0

~商品についてはhttp://diarise.jp/当店)又はhttp://www.niwaka.com/jp/index.html俄)へ~

今日の順位は何位かなブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ←クリックをどうぞ! 応援ありがとう!
by diarise | 2009-09-09 20:50

今日の婚約指輪「花雪(はなゆき)」
六角形をした雪の結晶の形で、同じ形が二つと無い、二人だけの愛の形を表現しています。
f0118568_172846100.jpg
日本の美や心、文化や伝統をモチーフに、愛と幸せを繋ぐ指輪をクリエイトする俄。
日本には「雪花」という季語があり、雪が降るのを咲く花にたとえたものですが、「花雪」は新しい日本語で男女の愛を雪でたとえて表現しています。

日本では「雪・月・花」を題材に、万葉集の時代から和歌が詠まれてきました。
宝塚歌劇団の3つ組も「雪」「月」「花」です。
そして俄の婚約指輪にも「月」なら「望」や「月彩」、「花」なら「睡蓮」や「初桜」がありますが、「雪」の作品は初めてです。

この「花雪」を手にする花嫁さんには、どんな形の愛が咲くことでしょう。
そしてコーディーネートで重ねて着けられる「雪佳景」は春を迎える山間の情景。

今年の冬に降る雪の華に
幸せを予感するのは、お二人なのかも知れません。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、お二人で仲良く育んで下さいね。



俄の婚約指輪の数々は→
日本が輝く婚約指輪

花雪の詳細は俄HP婚約指輪(エンゲージリング)







by diarise | 2009-09-05 17:25 | |婚約指輪(エンゲージ)の物語|