ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

1996年に誕生したブリリアントローズダイヤモンドは、当初小粒のダイヤモンドも手に張りましたが、現在は海外での大粒ダイヤのリクエストが多く、小粒で最上質のものは数が減っています。
その上、紫外線で美しい青さに変身する素材はほとんど無くなってしまって。
オーダーして1年待って、やっと入荷したこの一粒。(ダイヤの撮影はアクオス携帯でも困難ですね)
f0118568_03853.jpg

写真では表現できない感動的な美しさ。これを手にする花嫁はどんなに幸せなことだろう。。。
大切に販売したいと思います。

そして、ダイヤモンドの鑑定体験教室を再開しました。
ご予約いただけば、定員4名まで(最小開催人数1名から)受け付けます。
7月は毎週水曜日の午前中を予定しています。

店頭で宝石鑑定用の顕微鏡を覗いていただきながら、ダイヤモンドの失敗しない選び方をお伝えしています!
by diarise | 2010-06-30 00:13 | |ダイアモンドの新知識|

みなさんはダイヤモンドを初めて見たのはいつでしたか?
その時のことを憶えていますか?
CMや広告、写真で見たときではなく生で見た時のことですよ。

私はと言うと・・・はっきり憶えていません。
ジュエラーになるまでは何を見ても一緒でした。(興味も無かったと言うのが本音です。)
それが今ではダイヤのプロと呼ばれるようになってしまい。。。人生ってわからないものですね。
こうなったきっかけは世界で指折りの研磨職人を育てるアブラハム・ナムダーさんのダイヤを知ってからでした。

f0118568_14551710.jpg左の写真はダイヤの原石です。
このような正八面体の原石は極々わずか。本来なら見つけるのは至難です。
今は大規模に採掘するので簡単に手に入る感じですが、出てくるほとんどの原石は変形しています。
正八面体でも、こんな透明は稀少で、私が一人で採掘したら、これ一粒見つけるのに何十年かかることか…。
そしてダイヤは原石のままではみんなが知ってる輝き方はしないのです。f0118568_169929.jpg

ダイヤは人の手で磨かれ初めて輝くようになります。
研磨職人が一粒一粒を大切に磨き上げます。原石の形は様々ですのでその個性を生かします。あるダイヤは雫形に、またあるダイヤは花嫁が憧れる真円形にと。熟練の職人さんはブリーダーと呼ばれます。わが子を育てる心でベストな形に磨くのです。だけど妥協は許さない、厳しさも愛情だと。ダイヤの輝きは心の輝きみたいです。

f0118568_1702714.jpg
ダイヤは形によって輝き方が変ります。
これはダイヤに入る光線を結晶が屈折させるからで、ダイヤの形を屈折の角度(屈折率)に合わせて理想的に整えると、ダイヤに入る光は表面から裏面へ、再び表面へと光を逃すことなくに輝かせることができます。
そして理想の形に磨けたとき、ダイヤの内部にハートとアローのマークが出現するわけです。
輝きが100%になったとき、ダイヤの中に偶然の愛が生まれたと言えるでしょう。

f0118568_1816891.jpg理想のカットの副産物はハートとアローのほかにブリリアントローズという模様を咲かせたりします。
このダイヤモンドがナムダーさん家の世界特許の輝き。
真円形のダイヤに入る光の数をカットの面数で見たとき上部が33面/下部は25面という矛盾を解決したこのダイヤは33面から入る光線を33の下面で受止めます。
そして光は必ず中心軸を通り数を減らざず輝きます。
虫眼鏡で光を1点に集めるみたいに愛を燃やしそうなダイヤです。f0118568_20102921.jpg

ダイヤのいろいろな表情・・・ハートやアローはスコープを使わないと見えませんが、肉眼ならダイヤの中央の大きな面を見てください。
ここをテーブル面と呼ばび、形や広さが1粒ごと微妙に違います。
テーブル面の状態はカット品質の評価対象になっています。
またこの面の形は輝きに影響を与えます。
例えばテーブル面が2つの正方形が重なったカットは輝きの表情が清楚で力強くなります。
ですが、これを完成させることは容易でなく数も少なく貴重なダイヤ、しかも諸刃の剣なんです。
ダイヤの中味が大きく丸見えになるため、内包物(インクルージョン)まで丸見えです。
中味を明確に見せてしまう特徴は俄ダイヤモンド、ブリリアントローズダイヤモンドの共通点と言えます。
内包物がフェザー(ひび割れ状インクルージョン)だったり、カーボン(ダークインクルージョン)だったりすると
一般的なトリプルエクセレントカットや多面体カット、変型カットのように輝きでカバーすることはできません。
人間性を見るような、素肌を感じるような、心の眼に問いかける輝きを感じます。

f0118568_0133916.jpgさて写真がいきなりダイヤじゃなくなりました。貼り間違い?いえいえ。じゃあなぜ日本庭園と枡??お伝えしたかったのはこの二つの共通点。どちらも真角。この正方形の縦と横の比率1:1の美しさを「白銀比」といいます。これは日本の伝統的な美の基準です。(これが西洋的なら「黄金比率」、テレビの画面の縦と横の比率の元です)f0118568_21424849.jpg

この「白銀比」に着目して、カットしたダイヤが登場しました。その名を「俄ダイアモンド」言います。ヤ じゃなくて ア なのはこちらが正式名称だから。ダイヤモンドとの表記に慣れてしまった日本人ですがこれは俗称なのです。それはさておき、この白銀比のダイヤは本当に上品。世界中が憧れる日本女性の奥ゆかしさが嫌味のない輝き・・・という感じです。何でも贈る愛の素直さ、正直さ、真面目さ、謙虚さを2つの正方形に託して表現している宝石なのです。f0118568_2265912.jpg

最後はこちら、普段は透明なダイヤが紫外線を浴びたとき・・・一瞬でブルーに!?その瞬間がこの写真で、息を飲むほど感動的。南アフリカ産の個性的なダイヤです。日焼けするくらい熱い愛の視線を送ったら・・・色が変わったら素敵ですね。知らないうちはどれも同じに見えるダイヤですが、実はこんなに楽しさが隠れているのです。みなさんも、いざと言う時には私の所へこの感動を味わいに来てくださいね!

俄カット、ブリリアントローズカット、ストロングブルー、、、
世界に通じる美しい宝石は本来稀少で、大量には流通しません。
巡り合えただからお二人はとっても幸運で、幸せになれるのでしょうね!
by diarise | 2010-06-29 15:29 | |ダイアモンドの新知識|

「この雑誌でビジュトリーヨシダのページを開かなかったら、結婚指輪がこんなに愛しいものとは知らずに買うところでした・・・」
こんな嬉しいお声を下さったカップルさんがあります。
このお二人にも、とっても誠実に、真心を確かめ合って指輪を選んでいただけました。

画像がその雑誌「結季吉(ゆうきのしょう)」のまもなく発売になる誌面です。

結婚指輪や婚約指輪を選ぶことが、年々システムチックになっている気がします。
一生で一番大切で、永遠に残る、純粋な気持ちの証が結婚への指輪。
「モノ」ではあっても、そこに「ココロ」が無いようでは残念ですよね。

素晴らしい指輪は、日本中から素晴らしいカップルさんを呼び寄せてくれます。
それに関わらせていただく事に本当に感謝なのです。
心をいつも糺して、皆さんのサポーターに励みたいと思います!
by diarise | 2010-06-25 22:24 | |新聞・雑誌に掲載されました|

昼間の時間が一番長い夏至を迎えて、伊勢神宮へ行ってきました。
払いたまえ 清めたまえ 守りたまえ 幸わいたまえとお祈りして、お世話になったみなさんのお幸せを祈ってきました。
みなさんの存在が、今の私の存在に価値を与えていただいています。本当にありがとうございます。
f0118568_1233409.jpg

今週の指輪は俄の「Bios」。価値ある人生を謳歌しよう!というテーマの指輪です。

そして今週が結婚記念日のみなさんです。
2周年を迎える高山市の裕史さん・琴美さん、人生の夏を価値ある指輪と歩んでいいただいてます、おめでとうございます!
3周年は安城市の宰さん・悠子さん、指輪をお渡しに伺ったあの日が昨日のようですね、おめでとうございます!
5周年の節目ですね、可児郡の晃弘さん・聡子さん、お変わりありませんか、これからのお幸せも祈っています、おめでとうございます!
7周年ですね、一宮市の英朗さん・七恵さん、厳粛な指輪交換のお写真が残っています。関市の宗督さん・和子さん、もうこんなにたつのですね、お元気ですか。大慈さん・美穂子さん、刀剣を見定める眼で指輪を選んでいただきました。みなさんおめでとうございます!
8周年なのが関市の聖さん・幸代さん、心で会話させていただきましたね。真一さん・陽子さんもお変わりありませんか。みなさんおめでとうございます!
9周年 四日市市の貴之さん・寛子さん、そろそろまた関にいらっしゃる頃かと、酔ってくださいね。関市の雅雄さん・有理さん、毎年の年賀状もありがとうございます。みなさんおめでとうございます!
10周年という大きな節目ですね、 各務原市の孝彰さん・洋子さん、今年もご実家の梅は無事収穫できましたか。関市の智宏さん・千春さん、お元気ですか、ぜひ記念日の指輪のケアにいらしてくださいね。みんさんおめでとうございます!
そして11周年をおめでとうございます!美濃加茂市の輝夫さん・知恵子さん、次の10年に向けてこれからもお幸せを積み上げてくださいね!
みなさん本当におめでとうございます!!
by diarise | 2010-06-22 11:47 | |みなさんへ感謝をこめて|

綺羅と花嫁と真珠の関係

今日の俄の指輪は「綺羅」
f0118568_22264550.jpg

綺羅はキラキラの語源という説もある日本語をテーマにした指輪です。
だから着こなしていただけるのでしょうか、今日お渡しできたNさんYさんはとっても清涼感のあるオーラを持っていらっしゃいます。

真っ直ぐなフォルムなのに、正面には右肩登りのデフォルメが、紡ぐ糸の交差を表現しています。
あしらわれた小粒のダイヤモンドは上質な織物のような仕上がりで引っかかりもなくて。
お二人の幸せの良き友として人生を見守って輝きます。
本当にお幸せになっていただきたいものです。

ところで、結婚式のドレスにアコヤパールを装うトレンドが来ています。
花嫁の皆さん、ウエディングドレスに日本のアコヤ真珠のネックレスの装いは、欧米のセレブな花嫁の憧れだって知っていましたか?
胸元だけでなく、ヘッドドレスとしても日本の小粒の真珠は憧れの的なのですよ。
外人さんに聞くと、日本の花嫁は結婚式にイミテーションのアクセサリーを着けてるのが残念だそうです。
せっかくだから、ご自身やご家族のパールを使ってみませんか。
f0118568_22351432.jpg

それではここで、お手持ちの真珠をYESかNOで確認してみてください。
その① 珠の大きさはトップ(または金具側)が大きく、金具側(またはトップ)が小さくなるように、グラデーションに並んでいますか?
理想の答えはYES(珠の並びがばらついたままの真珠は美しく装えません)
その② ネックレスの長さはお店に並んでいたときのままではなく、オリジナルの長さになっていますか?
理想の答えはYES(店頭に並ぶ真珠は洋服なら15号の首周りの長さ。信頼のおける店は長さあわせをして販売します)
その③ ネックレスの糸は金属製などではなく、しなやかな繊維の糸ですか?
理想の答えはYES(切れないと評判のワイヤーは糸は長持ちしても真珠の寿命を縮めます)
その④ ネックレスの金具は背中だけでなく胸元でも使えるデザインになっていますか?
理想の答えは①YES(真珠は冠婚葬祭の葬だけに使うものではありません)
その⑤ 購入したとき、肌に当てて相性の良い白さで選びましたか?(真珠の色は肌の内側との相性で選びます)
その⑥ 身長を考えて珠の大きさを選びましたか?
理想の答えは①YES(大は小を兼ねません。若くて大粒過ぎるとドレスマナーに反する場合も)
その⑦ 真珠を着けるときのマナーを聞いて購入していますか?
その⑧ ネックレスを伸ばしたとき、珠と珠の間の隙間は1ミリ以下になっていますか?(⑦⑧については直接お話できれば)

質問の答えで販売する宝石店のクオリティーがわかります。⑧はYESなら糸が切れる合図ですのでメンテナンスをお早めに。

パールネックレスは着ける本人、家庭、ご実家の信用問題になるジュエリーです。とくに上の質問の半分以上が答えと違った方は是非私に相談にいらしてください。ジュエリーと人を大切にしたい私からのお願いです。
by diarise | 2010-06-20 22:52 | |結婚指輪の新知識|

f0118568_1853196.jpg

この広告写真をご覧になった方も多いと思いますが、ファッション誌などでプラチナの情報を公開している団体がPGI(プラチナギルドインターナショナル)さんです。

このPGIさん、プラチナの広報活動とジュエリー店の教育活動を行う営利を目的にしない団体さんで、個人的に長いお付き合いをさせていただいています。
スタッフのみなさんはとっても人間味があります。
モダンでクールな美人の武者さんはじめ、ナイスガイの藤原さん、知的でチャーミングな佐藤さんたちとのお付き合いはお仕事抜きにしても楽しい。人間味のあるみなさんです。

そして、PGIさんが始めて指輪選びをするカップルさんのための情報サイトを公開されました。
コチラですhttp://www.preciousplatinum.jp/ja/hints-tips/shop/area04.aspx
ビジュトリーヨシダのHPにはハバナーが張ってありますので皆さん遊びにいってみてくださいね!
by diarise | 2010-06-16 19:08 | |ニュース&お知らせ|

今日の俄の指輪「絆」には並ぶダイヤモンドの数が2つ。
結婚する男性と女性を表現しているところが素敵です。
f0118568_13315459.jpg
結婚が決まると皆さんが準備するのが結婚式の準備。
挙式も衣装も、新しい人生の区切りとして大切ですよね。
そして指輪はスタートだけに必要なものじゃなくて、結婚生活でずっと必要なもの。
カタチにも、名前にも、内側に刻む文字にも、お互いを想う心が宿ります。
何かのときに感じる指輪の存在感や、大切にしたいと思う気持ちはふたりの心と繋がります。
だから選び方でお二人の未来が変わることさえあるのですね。

f0118568_1331230.jpg
結婚前そして結婚後にぜひお勧めしたい本あります。
著者の石井希尚さんは結婚生活のカウンセラーでもあるアーティストさん。
先日JFMネットワークの番組で声を聞かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

彼の著書に中にある「選ばれる女(男)の7つの条件の一つに「i モードじゃない女(男)」というのがありました。

i (私)モードは自己中心的で、すぐ答えをほしがって、相手が同意するのを待てない。
これでは幸せになれないからU(あなた)モードの恋愛・結婚をしようという内容です。
思いあえる男女は幸せが味方についてくれるのは指輪選びも同じ。
幸せの法則の8つ目に「指輪」にどれだけ真剣になれるかを加えていただけたらと思うのでした。
by diarise | 2010-06-16 13:58

入梅、そして訪れる夏。結婚は人生の夏の訪れだと古くから言われます。
そして昔から雷は天からの福音と、日本人には畏敬の気持ちがあります。
俄の指輪は「雷神」など、天地の恵みを幸せのお守りとしてとらえた作品が光ります。
f0118568_1717958.jpg

今週記念日を迎える皆さんもきっと、今年も素敵な思い出の日を迎えられることでしょう。

2周年おめでとうございます! 
郡上八幡の健吾さん・宜子さん、ご夫婦の和食のお店「天野屋」さんにぜひ足を運んでください。手作り豆腐や飛騨牛など絶品です!
3周年おめでとうございます! 
岡山市の大史さん・みね子さん、お変わりありませんか。指輪を宝物にしていただいている素敵なご夫婦です。
4周年おめでとうございます! 
郡上市の彰人さん・三千代さん、振り向いて、これから歩みだす結婚式のお写真が思い出されます。
5周年おめでとうございます! 
関市の隆雄さん・陽子さん、読者モデルさんとしてもお世話になりました。はにかむ笑顔が印象的なご夫婦です。
7周年のみなさんおめでとうございます! 
関市の正徳さん・久子さん、幸運が訪れる7周年といいます。今年もいいことありますように。
宗督さん・和子さん、指輪の完成をすごく喜んでいただきましたね。
貴康さん・裕美さん、おふたりも忘れられないご夫婦です。 
智志さん・聖子さん、ご家族ご兄弟にもお世話になりありがとうございます 
郡上市の誠児さん・真紀さん、お二人も素敵で楽しい指輪選びのお時間でしたね。
岐阜市の隆之さん・真美さん、指輪と同じように大切な家を扱う頼りになるご夫婦です。
8周年のみなさんもおめでとうございます! 
羽島郡の慶彦さん・絹恵さん、お元気ですか、10周年にむけて輝きのお手入れにもぜひお越しください。 
可児市の強志さん・優利さん、リングのサイズは変わっていませんか、やっぱり9年目のメンテナンスお待ちしています。
9周年おめでとうございます!
美濃市の秀明さん・愛さん、パソコンの先生をしていただいて、ブログを書き始めました、お世話になってありがとうございます。
10周年の節目をおめでとうございます!
瑞穂市の章史さん・陽子さん、ご夫婦をはじめ岐阜県警のみなさんのお役に立たせていただいていることに感謝です。
関市の友和さん・博子さん、これからの10年間もぜひぜひすばらしい日々にしてくださいね。
12周年おめでとうございます! 
大垣市の宜紀さん・磨美子さん、もう12年なのですね、あの日のお二人のお姿は昨日のことのようです。
14周年おめでとうございます! 
関市の幸蔵さん・なるみさん、ご結婚後もいただいたお便りにご夫婦の温かいお人柄が溢れます。
みなさんこれからの日々もますますお幸せを!
by diarise | 2010-06-15 17:12 | |みなさんへ感謝をこめて|

私のブログを見ていただく結婚指輪を販売している皆さん、いつもありがとうございます。独り言だと思って聞いてくださいますか?

私たちが大好きな俄の指輪、少し前から類似品や複製品が増えてしまっています。
中には俄の販売店でありながら、そういう類の指輪をカップルさんに売り込んむことまであると聞きます。(実際に名古屋市と岐阜市であったことです。が、そのお店さんは消滅してしまいました)。お客様の依頼でも複製品の製作はお客様に違法行為をさせているわけです。職人さんにもこのことを軽く思わないでいただきたいのです。

日本には「似て非なるもの」という言葉があります。英語なら「sham」です。
もし、偽りの指輪を販売していたら、お客さまはいつか必ず気がつかれます。
それ以前に私たちは、結婚の指輪という純粋なお品に対して真摯に関わることを忘れてはいけないと思うのです。

ところで今日の写真は俄の指輪を拡大したものです。
f0118568_11344041.jpgf0118568_11351753.jpg












以前、単衣の写真を拡大して紹介したところ、カップルさんがすごく参考になったとのことでした。
情報誌やサイトの指輪の写真を拡大して、細部の美しさまでご覧になるお客さまがいてくださって、うれしいことですね。
フォルムに写る鏡面、表情を作るラインの美しさに惚れ惚れしてしまう、小粒のダイヤを留める爪にはバリひとつ見えません。
指輪を見つめているだけで幸せを感じる、お互いを大切にしたい思いが込み上げてくると、お客さまの心には本物を手にすることで幸せが溢れています。
俄のスタッフのみなさん、真摯な気持ちはお客さまにはちゃんと届いていますよ。
結婚指輪を販売する私たちは、自社の都合でお客さまのお幸せを壊さないように心がけたいものです。
by diarise | 2010-06-14 11:24 | |結婚指輪の新知識|

f0118568_16344374.jpgダイヤモンドの絶対的な特徴と言えば「世界一純粋で硬い」こと。

ダイヤも鉱物のひとつです。道端の石と比べ透明なのは、不純物が含まれず、高熱と高圧力で結晶となるから。地球上で最も純粋な存在なのですね。男女の「愛してる」という気持ちと同じみたいです。

世界一硬いのは結晶の密度に関係します。表面を拡大しても結晶の隙間が詰まって、結びつきの強さは男女の信頼関係と同じだと思えてしまいます。他人が入る隙間がありません。

このダイヤモンドをパーフェクトに磨ける人間の力も凄いと思います。ある意味で俄カット(白銀比)の輝きが完成したのは奇跡です。そして完成率は80%と推測できます。5粒に1粒は通常のトリプルエクセレントまでしか磨ききれないのですね。
by diarise | 2010-06-12 18:48 | |ダイアモンドの新知識|