人気ブログランキング |

ブログトップ

1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎の『みんなの指輪物語』40都道県からのご来訪に感謝で綴ります!

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

5月末発売のゼクシィ7月号に掲載されました。_f0118568_16201058.jpg

今月登場の俄の指輪は
「暁星(あかぼし)」:婚約指輪と「茜雲(あかねぐも)」:結婚指輪のセットアップ例、
「初桜(「ういざくら)」:婚約指輪と結婚指輪のセットアップ完成例、
「望(もちづき)」:婚約指輪と「水鏡(みずかがみ)」:結婚指輪のセットアップ例です。

暁星が昇る朝、つい早起きしたくなる嬉しい日。
桜の蕾の膨らみに、満開を心待ちにする春。
新月が三日月に、そして十五夜へと満ちていく時間のいざない。
一緒に輝く日はどんな素晴らしい二人になるでしょう。。。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。


by diarise | 2013-05-25 16:20 | |ゼクシィに掲載されました|

今日の婚約指輪「花麗(はなうらら)」
甘い香りと幸せをまとい、麗かな人生を楽しむ女性の輝きのような作品です。
「花麗(はなうらら)」の物語~花は咲く いつか 愛する君の元に~俄の婚約指輪エピソード_f0118568_17275318.jpg
昨年の今日、完成した花麗が残したエピソードを紹介したいと思います。

この日、結婚10周年を迎えたJさんとSさんご夫妻、
最初にお会いしたのは、3月のお彼岸が明けた日のことでした。

「花麗はありますか!」と、とっても嬉しそうな笑顔で、仲良くご来訪、 
念願だったという「花麗」とのご対面に心からご満悦のご様子で、
指のサイズを測らせてもらい、
一番大粒の俄ダイアモンドを使ってのオーダーメイドとなりました。

実は、奥さまのSさん、前年の震災で、ご実家とご家族を失っておられました。

発生後、すぐに二人で、車を走らせ、ご実家があった場所に到着してみると、
家は跡形も無く。。。
その後、ご家族ご遺体は全員を見つけて弔うことができたそうですが、
東北から戻ってからというもの、言葉も表情も失くなってくなってしまい、
ご主人のJさんは、懸命に支えたそうです。

こうした数カ月が続いたある日、
何故か雑誌を手にしたSさん、偶然にも載っていた「花麗」の写真。
雑誌を見えうなんて不思議なことだなぁとJさんは思ったそうです。
少しは心が回復してきたのかな、と。
それからというもの、Jさんが気付くとSさんは、
雑誌の同じページを見つめている、指輪の写真を見てます。

ある日、Jさんは思わず、
「元気になって1周忌をやって、彼岸が明けたら、その指輪を買いに行こうか」
と声を掛けました。
すると、Sさんがほほ笑みながら「うん」と。
この日から、Sさんに表情が戻り始めたそうです。

「想像できないと思いますが、今生きているのが不思議なくらい、抜け殻みたいだったんですよ」
と話して下さった笑顔が忘れられない私です。

そして、完成した「花麗」を指に輝かせながら、
10年前に結婚式を挙げた神社へと向かわれたお二人でした。
「もう一度、気持ちも新たに生きていきたいから」と。

個人的な後日談ですが・・・
震災後、TVから流れる「♪花は 花は 花は咲く・・・」のメロディー。
チャリティーソングの「花は咲く」のマキシシングルが発売されたのが3日後の5月23日でした。
今も、このメロディーを聞くたびに、お二人とあの日の花麗が瞼に浮かび、
亡くなった方々のご冥福と被災された皆さんのご回復をお祈りするばかりです。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、お二人で仲良く育んで下さいね。

岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて



俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「婚約指輪について」のページへ

今日の作品「花麗」のイメージ動画も必見ものです婚約指輪・花麗のページへ



by diarise | 2013-05-20 10:12 | |婚約指輪(エンゲージ)の物語|

今日の婚約指輪「白鈴(しろすず)」
幸福が訪れるというすずらんの花言葉に、

ふたりが過去から現在、未来まで寄り添い幸せであるよう願いを込めて。

「白鈴(しろすず)」の物語~爽やかな風を浴び、幸せの音を咲かせるのでしょう~俄の婚約指輪のエピソード_f0118568_13095012.jpg


幸せの花言葉を持つ花・すずらんが爽風に咲く姿そのままを
婚約指輪のカタチにした白鈴です。

そして3っつの輝くダイアモンドは、
現在・過去・未来をテーマにしたジュエリーデザイン・トリロジーのスタイル。
日本の心を添えて世界で愛されるスタンダードなスタイルを表現しています。

また、岐阜・飛騨には鈴蘭高原という名所が。
もしかしたら、この場所で恋が始まったり、愛を誓ったりしたカップルもいるはず。
二人が幸せへと向かう道のりの標の情景が俄の指輪には輝きます。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、お二人で仲良く育んで下さいね。

岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて



俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「婚約指輪について」のページへ

今日の作品「白鈴」のイメージ動画がご覧になれます婚約指輪・白鈴のページへ


by diarise | 2013-05-12 10:08 | |婚約指輪(エンゲージ)の物語|

左手薬指の指輪には特別な意味があります。お客様にいつもお伝えすることでもありますが、
この指輪は愛の証であり、家庭人である証であり、男女の信用を生む存在でもあります。


今日の結婚指輪は「結(ゆい)

「結(ゆい)」の物語~左手、薬指、その先の小さな手を想うとき~俄の結婚指輪のエピソード_f0118568_11262116.jpg

最近は結婚の指輪も多様化しました。

デザインや素材もさまざまです。個性で選べる良い時代だと思います。
おせっかいかもしれませんが、

花嫁花婿の将来を考えてしまい正直にNGを出す場合もあったりしますし、
反対に心配されても大丈夫だからと、背中を押してあげることもあります。

たとえば「結」という指輪でこんなことが。。。
この作品は写真の通り女性用のデザインがかなり立体的です。

ダイヤモンドも散りばめられてとってもファッショナブル。
ということは、使うとひっかっかる?
答えはYESです。


ですが、ひっかっかる度合いはというと、微妙にほんの少しだけ。

人によってはその微妙さが気持ちいい!なんて方もありました。

花嫁の左手の先には、今は花婿の手があります。そして1年後数年後にはもしかすると・・・
小さい、やわらかい、かわいい手があるかもしれません。
赤ちゃんが生まれたら、優しく抱っこして、ヨチヨチ歩きを始めたら、しっかり手を繋ぐママの左手。
その手の指輪は赤ちゃんにも優しく安全であってほしいですよね。
左手薬指の指輪は、貴女と、大切なパートナーさんと、お子さんたちの指輪でもあるのです。


もしも、ストレスに感じる方もありましたから、そういう場合は冒険しないでください。
ですが、プロの目で見て、これは心配なく使っていただける範囲だとお伝えしたいと思います。

岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて


俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「結婚指輪について」のページへ

今日の作品「結」の物語と背景が紹介されています→結婚指輪・結のページへ


by diarise | 2013-05-06 13:27 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|