ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。
f0118568_16403171.jpg
2013年も終盤ですね。クリスマスイルミネーションも各地で始まりました。
そして間もなくのクリスマスは、恋人たちにとって特別な日になることも。
サプライズの贈りものを考えている男性も、
二人で特別な時間をすごしたい貴女にも、
きっと最高の輝きが生まれますように。

今月紹介する俄NIWAKAの指輪は左上から
[婚約指輪:暁(あかつき)]
[結婚&婚約のセット指輪:初桜(ういざくら)]
[結婚指輪:絆(きずな)※来年4月までの限定モデル]
[結婚指輪:相互(そうご)]
そして
[婚約指輪:望(もちづき)]と[結婚指輪:水鏡(みずかがみ)]のセットアップコーディネートです。

「望」と書いて「もちづき」と読む、この望は、満月の別名でもあります。
望みに満ちた姿のような月のかたちを昔の日本人がこう呼びました。
未来の幸せがこうありますようにと願いが込められます。
寄り添う「水鏡(みずかがみ)」は、夜の水面に月明かりの筋が輝く情景を表現した作品。
その光の先には幸せが続いて、ふたりをいざないます。
結婚という素晴らしい未来へと
始まる前から将来までを共にする指輪です。
「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、手にした二人だけが知っています。


by diarise | 2013-11-22 13:09 | |ゼクシィに掲載されました|

思いがけない電話をいただきました。
「昇太郎さん、おめでとうございます!」とTさんから。
ところが私は「???」で何のことかわからず・・・
「合格の発表されてましたよ」と言われてパソコンで確認すると
http://www.jja.ne.jp/news/news20131108.html
の結果が。
「来年もう一度チャレンジだなぁ」が自己採点でしたし、
合格発表日も間違えていましたし、驚きを隠せませんでした。
そして3日後に届いた合格通知。

f0118568_19302441.jpg
ジュエリーコーディネーターの制度は1997年に3級が始まり過去の合格者は1万人近く(登録者は約7千人)
1999年に2級試験が始まり過去の合格者は1303人
そして1級には1次の記述試験(過去の合格者は68人で平均合格率は23.5%)と
今回合格判定をいただいた2次の実技試験と面接(通算の合格者は27人で平均合格率は10.7%)
総合での合格率は2.5%となっています。

これまで、信じられないくらい多くの
皆さんの結婚のとき、指輪選びのお手伝いをさせていただいてきましたが、
ようやく本物のプロとしてお役に立てる
スタートラインに来れた気がします。

思えば1級合格第一期生の山岸昇司さんの一言がきっかけで
励んだ3年間でした。
尊敬する多くの諸先輩、信愛するたくさんのお客様への感謝の集大成の一つになりました。



by diarise | 2013-11-11 13:15 | |ニュース&お知らせ|