人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

俄の結婚&婚約指輪の1級ジュエリーコーディネーターが綴る『みんなの指輪物語』41都道府県からの来訪に感謝を込めて。

今日の婚約指輪「睡蓮(すいれん)」
託す花言葉は「清純な心」・「優しさ」・それとも「信頼」。輝く想いを静かに包み込んで届けます。
「睡蓮(すいれん)」の物語~名画のように愛される未来に添える幸せの花言葉~俄の婚約指輪のエピソード_f0118568_15481548.jpg


印象派を代表するフランス画家、モネの代名詞ともなっている『睡蓮』。
モネは自宅に造成した日本庭園には太鼓橋がかかり、睡蓮が今も咲きます。

西洋の芸術家の多くが影響を受けた日本の美、憧れた日本の情景、
ことジュエリーに関しては、西洋の物真似で普及した日本ですが、
俄の作品は日本より、先に海外で人気が高まったという知る人が少ない栄光が隠されていたり。

こうした日本の美意識のジュエリーに海外のカップルが憧れる時代がやって来ました。
そうなると心配なのがコピー製品の氾濫。
西洋は著作権や知的財産権を死守し、本物だけを求めます。なのに日本では…。

模倣品や模倣ブランドが違法なことを知らずに購入してしまうカップルさんにも未来があります。
イケないコトだと後で知ることになれば、後ろめたい気持ちがずっと続いてしまいます。

本物の「優しさ」で想いを届けるために、「清純な心」で指輪を生み出す俄です。
「信頼」という言葉に相応しい指輪だけが幸せを叶えます。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、お二人で仲良く育んで下さいね。

阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて



俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「婚約指輪について」のページへ

今日の作品「睡蓮」の特徴が紹介されています(情景の動画にも注目です)婚約指輪・睡蓮のページへ


# by diarise | 2013-03-12 09:55 | |婚約指輪(エンゲージ)の物語|

今日の結婚指輪「水鏡(みずかがみ)」

「水鏡(みずかがみ)」の物語~水面が写す二人の心、望に託す幸せの日々~俄の結婚指輪のエピソード_f0118568_16591947.jpg

水面に男女の姿が映すとき、そこには二人の心が映るといいます。
水面が揺れず、二人の姿が鮮明に見えたら幸せが約束されるそうです。
「水鏡」(みずかがみ)の指輪が想像以上の時間をかけて磨き上げられるのは、
指輪に映るお二人の姿が揺れないように、という願いが込めれれているからなのですね。

「水鏡(みずかがみ)」の物語~水面が写す二人の心、望に託す幸せの日々~俄の結婚指輪のエピソード_f0118568_14251229.jpg

結婚前は婚約の証として、結婚後は永遠の幸せの証になる指輪

「望」(もちづき)は、満月をモチーフにしています。
満月と新月の夜には生命が育つそうです。

木の年輪、昆虫の脱皮、宝石なら真珠が巻くのがこの時。
ひと月のうちに2度目の満月がある月は、

二度目の満月をブルームーンといい、

見ると幸せになれるそうです。
ブルームーンの夜はプロポーズや指輪選びにおすすめのときなのですね。

岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて


俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「結婚指輪について」のページへ

今日の作品「水鏡」の物語と情景動画が紹介されています→結婚指輪・水鏡のページへ


# by diarise | 2013-03-07 10:56 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|

今日はタカシさん&ノリコさん、ナオヤさん&カナさん、モトツグさん&マコさんの
ご結婚式です。本当におめでとうございます。(お名前はアイウエオ順です)
また今日は世界気象機関条約が「結」ばれた日でもあるそうで、
日本海では蜃気楼が現れることが多い日だそうです。
指輪の存在は、今日の幸せを蜃気楼で終わらせないのです。~俄の婚約指輪のエピソード~_f0118568_072596.jpg

ナオヤさん&カナさんのご入籍は1月23日(ワン・ツー・スリーの日)
モトツグさん&マコさんのご入籍日は2月11日(建国記念日)。
そして結婚指輪の「禅の輪」は、永遠に途切れず道が続くメビウスの輪のカタチ。
お幸せが蜃気楼に終わることはあり得ません。

指輪の存在は、今日の幸せを蜃気楼で終わらせないのです。~俄の婚約指輪のエピソード~_f0118568_23384399.jpg

タカシさん&ノリコさんの入籍は2月14日(愛の日)、恋人たちを結ぶバレンタインデーです。
薬指に輝く「結」は、日本伝統の祝いのカタチ。固く固く二人を結びます。
ですから、ぜひ、世界中の恋人たちが憧れるご夫婦になって下さいネ。

この幸せを、一夜の夢で終らせない指輪は二人の固い絆。
未来の空模様も快晴に、どうぞ末永く仲良く、お幸せでありますように。

岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて



俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「結婚指輪について」のページへ


# by diarise | 2013-03-03 00:30 | |みなさんへ感謝をこめて|

今日の結婚指輪「茜雲(あかねぐも)」は、

巡りあえた男女の人生の始まりを祝福するデザイン。

「茜雲(あかねぐも)」の物語~人恋ひし遠山の雪ほのぼのと春の夕日に茜さす頃~俄の結婚指輪のエピソード_f0118568_17070535.jpg

朝陽にたなびく茜色の雲。
朝焼けは夕焼けと違って空と大地の双方に向かって輝いて希望を感じさせます。

そして朝焼けは降雨の予告。
雨は生命の恵み・源元。結婚時代の始まりを祝う縁起ものでもあるのですね。

「茜雲(あかねぐも)」の物語~人恋ひし遠山の雪ほのぼのと春の夕日に茜さす頃~俄の結婚指輪のエピソード_f0118568_16413261.jpg
「人恋ひし遠山の雪ほのぼのと春の夕日に茜さす頃」

茜雲を、こう歌った「阿部 たつを」さんというお医者さまが北海道にいらっしゃいました。
護国神社内にはこの歌を刻んだ石碑が立っています。
函館山からの朝焼けに、そろそろ春の訪れを感じる季節なのでしょう。

日本は大自然の恩恵を受ける四季の国。
春夏秋冬・天地の営みをテーマと捉える俄の作品には心が宿っている。
そう思えてなりません。

岐阜県の俄の結婚指輪・婚約指輪正規取扱店の吉田昇太郎から感謝を込めて



俄の婚約指輪・結婚指輪の数々をご紹介→情報サイト「レッツぎふ」の「結婚指輪について」のページへ

今日の作品「茜雲」の物語と情景動画が紹介されています→結婚指輪・茜雲のページへ


# by diarise | 2013-02-28 17:01 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

1月末発売のゼクシィ3月号に掲載されました。_f0118568_16145311.jpg

今月登場の俄の指輪は
「花麗(はなうらら)」:婚約指輪の2バージョン、
「暁星(あかぼし」:婚約指輪と「茜雲(あかねぐも)」:結婚指輪のセットアップ例、
「望(もちづき)」:婚約指輪と「水鏡(みずかがみ)」:結婚指輪のセットアップ例、
「初桜(ういざくら)」:婚約指輪と結婚指輪のセットアップ完成例、
「雲龍(うんりゅう)」:結婚指輪です。

個性的なデザインが、似合う二人には抜群にマッチする俄は
手にする二人の未来を見据えて指輪をアートしています。
これから歩む悠久の未来、どんな幸せが待っているでしょう。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。


# by diarise | 2013-01-25 16:13 | |ゼクシィに掲載されました|