ブログトップ

岐阜県岐阜市近郊関市の結婚指輪・婚約指輪店から、日本随一のブランドに育った「俄」と27都府県から集った皆さんを紹介する『みんなの指輪物語』~1級ジュエリーコーディネーター吉田昇太郎が感謝で綴ります~

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

f0118568_1415856.jpg


今月登場する俄の指輪は
「初桜(ういざくら)」、「結(ゆい)」の婚約指輪と結婚指輪のセットアップ完成例、
「月彩(つきさい)」:婚約指輪と「月の雫(つきのしずく)」:結婚指輪のセットアップ例、
「唐花(からはな)」の婚約指輪と結婚指輪のセットアップ完成例、
「望(もちづき)」:婚約指輪と「水鏡(みずかがみ)」:結婚指輪のセットアップ例です。
また、先輩カップルのインタビューを再開、一宮市のIさん&Eさん、
静岡市のKさん&Kさんのコメントが紹介されました。

結婚指輪や婚約指輪は丈夫で長持ちする美しさと品質が命です。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
二人が一つになれる物語が宿ります。


# by diarise | 2011-07-25 14:00 | |ゼクシィに掲載されました|

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

f0118568_1336208.jpg


今月登場する俄の指輪は
[婚約指輪:初桜(ういざくら)と結婚指輪:初桜(ういざくら)のセットアップ完成例]
[婚約指輪:望(もちづき)と結婚指輪:水鏡(みずかがみ)のセットアップ例]
[結婚指輪:相互(そうご)]です。

思えば「俄」の指輪との出逢いから15年。
当時はあまりに個性的で、漢字のブランドやネーミングのジュエリーは異端で、
個人的な嗜好で販売を始めましたのでした。
私が俄のファンになったきっかけは「進化と成長」を目指していると伺えたから。
その言葉は本物だったのでした。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
二人が一つになれる物語が宿ります。


# by diarise | 2011-06-25 13:34 | |ゼクシィに掲載されました|

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

f0118568_1320222.jpg


今月登場する俄の指輪は
「結(ゆい)」:婚約指輪と結婚指輪のセットアップ完成例、「睡蓮(すいれん)」:結婚指輪、
「望(もちづき」:婚約指輪と「水鏡(みずかがみ)」:結婚指輪のセットアップ例、
「初桜(ういざくら)」:結婚指輪、「祈り(いのり)」:結婚指輪、
「月彩(つきさい)」:婚約指輪と「月の雫(つきのしずく)」:結婚指輪のセットアップ例、
「綾(あや)」:結婚指輪、「かれん」:結婚指輪と婚約指輪のセットアップ完成例、
「初桜(ういざくら)」の結婚指輪と婚約指輪のセットアップ完成例です。

豊かなデザインは心に響き、手にする二人を幸せで素敵にしてしまいます。
「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
二人が一つになれる物語が宿ります。


# by diarise | 2011-05-25 13:28 | |ゼクシィに掲載されました|

岐阜エリアの結婚指輪婚約指輪ショップの情報としてゼクシィ東海版に掲載されています。

f0118568_1256547.jpg


今月登場する俄の指輪は
[結婚指輪:鯨(くじら)と相互(そうご)]
[婚約指輪:望(もちづき)と結婚指輪:水鏡(みずかがみ)のセットアップ例]
[婚約指輪:初桜(ういざくら)と結婚指輪:初桜(ういざくら)のセットアップ完成例]
などです。

海を旅する時の縁起モノ「鯨(くじら)」は、現代の結婚指輪を代表するような豊かなデザイン。
お互い様の気持ちで支え合うデザインの「相互(そうご)」は俄の誕生以来、進化を重ねる代表作。
「望」と書いて「もちづき」と読む、この望は満ちた月の呼び名で美しい名月のような幸せを物語ります。
その光が映る水面の「水鏡」には、素晴らしい未来が輝くことになるのでしょう。
そして、初めての出逢いから幸せを育て結ばれる二人の過ごした時、迎える春を永遠にする「初桜」。
どれも、ふんわり包むような肌なじみで、将来を共にできる指輪です。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
二人が一つになれる物語が宿ります。


# by diarise | 2011-04-25 12:48 | |ゼクシィに掲載されました|

今日の婚約指輪「瑞穂波(みずほなみ)」が、2011年の新作としてデビューしました。
光り輝く豊かな未来を象徴して、男女の未来を願っています。
f0118568_13115983.jpgおふたりが持っている婚約指輪のイメージはどんな感じでしょうか。

日本の婚約指輪の歴史を、世界レベルまで引き上げた「俄」の作品は、「こういうデザインなら欲しいかも」「将来、使わなくなる心配がいらないかも」と、贈られた花嫁を本当に幸せにしています。

そして、この「瑞穂波」も、幾多のデザインを起こした中から選りすぐり、試作に試作を重ねたクラフトで、ようやく完成の運びとなりました。
中央に輝く俄ダイアモンドが輝く未来を象徴し、大切に留められた一粒に向かって伸びるアームのデザインは、実りの秋へと延びてゆく、たわわな稲穂の田園風景が、風にたなびく感動の風景に見えてきます。
大地の恵みを受けながら、育つ日本の稲穂のように、豊穣な未来に胸をトキめかせます。

「俄」の指輪の最大の特徴は「日本の心を宿す」ところにありますが、扱う側から見た特徴は「この上ない完成度と丈夫さ」にあります。「俄」のデザインは模倣されることが多く、2番煎じの方が売れることもありますので、俄のクリエーターは大変ですが、いわゆる「品質」と「心」までは真似できません。

選んで下さったお二人だけが手にする感動、そして未来の幸せが全く違うことが、過去15年の実感です。
「瑞穂波」を手にする「最初の花嫁」、それは貴女かも知れません。

「人」と「我」で「俄」と書いて「にわか」と読む京都ブランドの指輪には
選んだ二人が一つになれる物語が宿ります。
そして物語の続きは、お二人で仲良く育んで下さいね。

俄の婚約指輪の数々は→ 日本婚約指輪

瑞穂波の詳細は俄HP婚約指輪(エンゲージリング)



# by diarise | 2011-02-06 13:10 | |婚約指輪(エンゲージ)の物語|

今年もこんなにたくさんの新婚さんから年賀状が届きました!

f0118568_23461831.jpg
お幸せいっぱいのお写真とメッセージをいただいた
横浜市の順也さん&友香さん、静岡市の公彦さん&和代さん、知立市の慎吾さん&紗希さん、日進市の登さん&有紀さん、一宮市の正昭さん&留美子さん、西春日井郡の和久さん&マリアさん犬山市の和樹さん&佑加子さん、大輔さん&美紀さん、令さん&祥子さん、名古屋市の圭介さん&千春さん、碧南市の昌宏さん&晴美さん、シンガポールの栄二さん&宣子さん、大垣市の仁嗣さん&絵巳さん、佳冶さん&光子さん
瑞穂市の敬生さん&美里さん、羽島郡の文耕さん&智美さん、可児市の章太さん&友里詠さん、加茂郡の隆文さん&友美さん、美濃加茂市の亘さん&佳子さん、貞二さん&友美さん、高史さん&加奈子さん、各務原市の裕二さん&友代さん、誠さん&敦子さん、茂さん&智美さん、昌弘さん&祐子さん、剛男さん&安希子さん、多治見市の大輔さん&由紀さん、岐阜市の吉晃さん&久美子さん、誠さん&明日香さん、清孝さん&仁美さん、大次郎さん&明子さん、俊春さん&菜摘さん、飛騨市の友紀さん&愛子さん、下呂市の誠さん&真智子さん、寛樹さん&文香さん、郡上市の繁彦さん&由美子さん、関市の佑太さん&麻美子さん、智宏さん&里奈さん、卓郎さん&智子さん、陽介さん&志帆さん、敦彦さん&薫さん、泰盛さん&麻理菜さん、孝裕さん&由香里さん、豪さん&佳子さん、常樹さん&あすかさん
本当にありがとうございました。
お二人の元で輝いている結婚指輪・婚約指輪との里帰りでまたお会いしましょう!
今年も良い一年になりますように!
# by diarise | 2011-01-03 16:07 | |みなさんへ感謝をこめて|

私の宝物2011

f0118568_23475252.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もこんなにたくさんのファミリーさんから年賀状をいただきました。
皆さんの元気でお幸せな笑顔と近況を綴っていただいた文字がうれしすぎます。

送ってくださったのは
関市の豊サン裕子サン寿哉クン寿珠チャン寿樹クン、雅章サン知美サン都登クン美里花チャン、博亮サン明子サン優菜チャン駿斗クン、明俊サン佳代子サン倫那チャン尋稀クン、久司サン輝子サン尚幸クン実可子チャン昌門クン、伸彦サン朝恵サン真結チャン瞳子チャン、雅雄サン有理サン麻佑チャン、隼人サン美幸サン大翔クン、武史サン友香サン美宙チャン、美濃市の寿志サン尚美サン歌桜チャン啓心クン、康則サン智子サン華菜チャン陽菜チャン、周明サン早紀サン悠龍クン悠真チャン、将之サン麻衣子サン日和チャン、各務原市の英樹サン友美サン楓菜チャン大洋クン彩乃チャン、和也サン久美子サンもものチャンゆりのチャン、仁サン智子サン陽菜チャン、美濃加茂市の伯一サン良子サン光希チャン泰希クン、貴祥サン万穂サン明日夢クン、克典サン亜湖サン莉子チャン、瑞穂市の一志サン由香サン凛チャン颯チャン、加茂郡の正己サン晴美サン寛人クン瑞稀クン、智幸サン百合香サン遥斗クン、岐阜市の剛大サン希サン俊介クン心春チャン、政敏サン三友紀サン夏実チャン、学サン恵理サン凱クンくん維クン、真佐史サン裕子サン歩未チャン、克則サンかおるサン琥大郎クン、真之サン民佳サン直生クン、甲祐サン有美サン瑚采子チャン、紀仁サン江美サン彩乃チャン、太貫也サン允瑛サン友之祐クン藍衣チャン由紀乃チャン、大垣市の隆司サン愉美サン美月チャン星名チャン、達也サン美奈子サン莉緒チャン、可児市の靖博サン紘美サン湊真クン、康一郎サン絵理サン夏穂チャン、秀一サン和香子サン里織チャン、多治見市の潤一サン佳苗サン翔亮クン雄亮クン、下呂市の正伸サン紀子サン涼太クン楓人クン、江南市の勝サン優サン舞チャン、小牧市の茂サン由香サン彩奈チャン若奈チャン、北名古屋市の祐樹サン仁美サン洸翔クン、刈谷市の智史サンめぐ美サン蒼空チャン、豊田市の晴康サンみどりサン凛太郎クン、春日井市の昭正サン美菜子サン陽真理チャン、勇輔サン美香サン玲駕クン、名古屋市の健太郎サン理恵サン晃希クン結愛チャン、崇明サン芙美サン紗奈チャン、長野県の将之サン比呂美サン慶祐クン大智クン、京都府の達矢サン冴子サン瑛葉チャン、健サン幸恵サン優菜チャン、大阪府の大史サンみね子サン楓チャン、千葉県の光太郎サン淳子サン慶雅クン真華チャン愛華チャン、山形県の友基サン明香サン織チャン惟乃チャンファミリーの皆さんです。

どうぞ今年も健康第一でいいこといっぱいの一年になりますように!感謝です!!
# by diarise | 2011-01-01 16:09 | |みなさんへ感謝をこめて|

f0118568_23495662.jpg


2010年の締めくくりも、ステキなカップルさんとの素晴らしいエピソードになりました。
2008年に結婚されたカナダのYさん&Hさんご夫婦とのご縁です。

結婚指輪はぜひ日本で購入しようと、今回の帰国を待って指輪を探されたお二人。
ジュエリーショップを巡ってみたものの、コレはという指輪が見当たらなくて、日本での購入を諦めかけていたのですが、
偶然ページをめくった月刊オレイユの記事がきっかけでご来店いただきました。
お二人のお眼に適ったのが俄の「綺羅」という作品です。
セレクションのポイントは「ダイヤモンドの美しさ」と「仕立ての良さ」でした。
海外に比べてジュエリーの歴史と技術が浅い日本ですが、汚名挽回はやっぱり俄さん。
有名なブランドへと育った俄ですが、クラフトやデザインを担当するスタッフさんはじめ京都本社の皆さんのご厚意のおかげで、
今回のご夫婦のお幸せの絆も強く結ばれることになりました。
本当にみなさんのおかげです。

ところで、ご質問が多い「25都府県からの来店」の25都府県の基準は、
県外にお住まいで岐阜・関までご来訪いただいた場合としています。
今年はカナダとベトナムから、過去にはアメリカからのご来訪もありましたが、海外にお住まいの場合はカウントしておりません。
「国外3カ国と県外25都府県からのご来訪」が2010年までの総決算になりました。

みなさんどうぞ良い年越しと、素晴らしい新年を迎えましょうね!
感謝です!!



More
# by diarise | 2010-12-31 14:11 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|

今日の結婚指輪「花麗(はなうらら)」

f0118568_10111215.jpg


指輪や宝石が無かった頃、花婿が花嫁への愛を告白する贈り物は「花束(ブーケ)」でした。
そこに込めた想いは「貴女の幸せを咲かせてあげたい」だったかも知れませんし、「貴女はどんな花より美しい」だったかも知れません。男性が勇気を振り絞って、ありったけの気持ちを捧げたのでした。
その後、1200年以上昔の古代ローマで女性へ贈る結婚指輪が登場します。
男女が交わすようになったのは400年後の中世ヨーロッパ。
結婚指輪には意味と役割があり、結婚する男女をさらに素敵にする宝物になっています。
ところが、結婚指輪の文化が浅く、結婚指輪の意味や役割を知らない日本人は
まだ、結婚指輪を持っていないとき、結婚指輪をイメージしたなら・・・
もしかしたら、丸くて、シンプルで、ストレートなラインのペアルックをイメージしたかも知れません。
ですから、新作の「花麗(はなうらら)」をはじめ、男女の魅力を引き立てるようにと、
ペアでもでデザインが異なる「俄」の結婚指輪は、先に海外で認められますが、日本ではこれから
都会でやっと支持され始めました。
なのになぜか、岐阜県の郊外市には14年前から、「俄」を選ぶカップルサンが集って下さいました。
これは、すごい感動で、皆さんに感謝が絶えません。

現代のウエディングブーケも多種多様でアーティカルです。

f0118568_10115632.jpg


3つのブーケの作者は華道家の假屋崎省吾先生。私も華道を学ばせてもらってます。
假屋崎先生のウエディング・ブーケ情報→http://www.kekkon-bouquet.net/bouquet/1134/
ビジュトリーヨシダが抽選でプレゼントするブーケは、挙式の衣装に合わせた假屋崎先生のフルオーダーメイド。
指輪選びのとき、期間限定でご案内しています。

結婚指輪の数々を紹介→レッツぎふウエディングhttp://f.lets-gifu.com/shop/detail2-3675.html
花麗(はなうらら)の詳細→俄の結婚指輪HPhttp://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/hanaurara.html


# by diarise | 2010-12-12 12:12 | |結婚指輪(マリッジ)の物語|

f0118568_217332.jpg結婚を前提に、永遠の愛を誓う指輪が婚約指輪です。
サプライズで贈りたいと一人で相談に来てくださる新花婿さん、
今度、彼氏を連れてきたいからと下見に来てくださる新花嫁さん、
今回のカズキさんは、ユカコさんと一緒に選びに来てくださいました。

そして、ついにお二人の思い出とカズキさんの真心が輝くエンゲージリングが完成!とっても見事な出来栄えです!!
折角ですので、何かスペシャルな演出でユカコさんの贈りましょう、ということになり、用意させていただいたのが「生花で作るウエディングブーケ」の素材でした。

f0118568_2121379.jpgf0118568_2123136.jpg







新花嫁さんがお好きだとリクエストいただいた「かすみ草」と「ピンクのバラ」を、生けるのがこのブーケホルダーです。


f0118568_2125112.jpgf0118568_21363.jpg








花材をブーケ用に整える準備をお手伝いして、新花婿さんとプチウエディングブーケ教室を開講、完成したのがコチラのブーケです。

指輪より古い時代に愛を誓う贈り物はブーケでした。
この愛が、ずっと枯れないようにと、永遠の愛の証はダイヤモンドに変わりましたが、お二人は悠久の時代を超えて再び結ばれるのかもしれないと思いました。
感動をいただいた素敵なお二人。
カズキさんとユカコさん、結婚式までの一年間をどうぞどうそお幸せとご希望いっぱいにすごしてくださいね!

俄の婚約指輪の数々は→ 日本婚約指輪

# by diarise | 2010-12-01 21:37 | |婚約指輪(エンゲージ)の物語|

指輪の楽しみ方のひとつに「ルーペ」で拡大して観察する方法があります。
特に面白いのが宝石を留める「爪」です。
ぜひ右の画像をクリックしてみて下さい(さらに大きく見ることができます)。f0118568_20172121.jpgf0118568_20174416.jpg










拡大したとき、
この指輪の爪って、とってもキレイだと思いませんか?
イメージするならネイルケアしたての女性の爪です。
美しい爪はストッキングを引っ掛けませんよね。
婚約の指輪がタンスの肥しになってしまう原因になる指輪の爪。
ささくれ立っていたり、バリが出ていたら悲しくなります。
宝石店には拡大ルーペが必ず置いてあります。
ぜひ借りて覗いて見てください。
極限の仕上げにクラフトマンの真心を感じてしまうかも知れませんよ。
# by diarise | 2010-11-17 20:30 | |ダイアモンドの新知識|

11月11日はジュエリーの日です。
宝石の重さの単位・1カラットが0.2グラムだと決まった日にちなんで制定されました。
この、カラットはダイヤモンドの代名詞といえますが
素人の頃、ダイヤモンドの魅力がまったく理解できなかった私です。(恥)
どれを見ても同じに見えて、ギラギラの輝きが苦手でした。
あの頃、この俄カットのダイヤモンドがあったなら・・・
f0118568_16534776.jpg

日本の美にこだわる俄さん。ついにダイヤモンドの輝きにまで日本の美を表現させました。
清清しさが魅力です。そして出現数は世界中で月間200粒もありません。
これを贈られる花嫁さんにお伝えしたい事実です。
# by diarise | 2010-11-11 16:52 | |ダイアモンドの新知識|

f0118568_19283562.jpg人類がダイヤモンドに理想を求め生まれた模様。それが写真のハートとアロー(矢)です。

屈折率の高さという特性は、ダイヤに進入する光を一つも逃さず輝かせたい衝動を生みました。完璧な輝きはダイヤを磨いて生まれる58個の面を正確に揃えることで完成します。

副産物としてロマンチックな模様が現れました(特別なスコープで見えます)。生みの親は発明家の山下金作さん。特許の期間が終わった途端「ハート&アロー」は一人歩きを始めます。あたかも自社が開発したように「ハート&キュービット」「ラビングハート」「アポロン8」・・・。ハート&アローの理論を用いたカットのダイヤが次々登場しています。ダイヤにしてみれば美しく輝きたいだけなのに、迷惑な話かもしれませんね。

俄ダイアモンドにもこの模様は現れます。和風に進化させた時「心と心」が輝くようなに輝くダイヤが出来ました。本当に感動でした。
# by diarise | 2010-11-08 15:42 | |ダイアモンドの新知識|

f0118568_19133836.jpg婚約指輪がタンスの肥やしになっていた時代がありました。給料三か月分とコマーシャルされ、どの指輪もほぼ同じデザインで、大きさが競われていた20世紀後半のことです。

「ダイヤが引っかかる気がする…」「使う場所に困る…」と、困ったことにお母さんたちは婚約指輪を仕舞い込んでしまいました。

昭和は平成に変わり、21世紀になり、日本の婚約指輪は新しい時代を2度迎えます。
1914年に完成したダイヤの理想形「アイデアルカット(現在のエクセレントカット)」はこの100年で進化を遂げます。
そして誕生したのが「俄カット」のダイアです。特徴は図のとおり、同じサイズのダイヤなのに大きな輝きとなることです。ダイヤの中がよく見えるため、ビューティーグレードの優れた原石のみが磨かれます。

実際のサイズより大きく見えますが、指輪にすると背が低くなっておしゃれ。何より使いやすいと選んだ花嫁さんに喜ばれています。
# by diarise | 2010-11-07 14:32 | |ダイアモンドの新知識|

8月が始まりました。
今年も岐阜は日本一暑い県としてニュースに登場しています。
近年は岐阜だけでなく日本中が燃えるような暑さですよね。
みなさんが体調を崩されること無いように祈るばかりです。

そして今月前半に結婚記念日を迎えるみなさんです。
2周年になりますね
郡上市の勝正さん・恵さん、ご兄弟・ご友人の皆さんにもお世話になって、皆さんが個性でそれぞれ違う指輪をご愛用いただいているから素敵。今年もおめでとうございます!
4周年なんですね
常滑市の健さん・美幸さん、指輪が完成したとき、東北のご両親さんと洞戸のご両親さんもご一緒にお披露目しましたね。皆さんお元気ですか?記念日をおめでとうございます!
7周年をむかえるのが
美濃加茂市の圭介さん・久美さん、お元気ですか、完成した指輪に感動していただいたお姿が忘れられないご夫婦です。今年もおめでとうございます!
関市の豊さん・裕子さん、毎年の年賀状のお子さんたちのご成長が楽しみ、子育てがんばっていらっしゃいますね。記念日をおめでとうございます!
そして8周年になられる
小牧市の茂さん・由香さん、いただく年賀状に必ずお言葉を添えてくださる心温かなご夫婦です、お体、特に気をつけてくださいね。今年も結婚記念日をおめでとうございます!

今日の指輪は俄の「初々」
f0118568_13575179.jpg

本居宣長の国学書「ういの山ぶみ」にになみ、どんな山道でも上り続けることの大切さを伝えたいとの願いが込められ誕生した作品です。
その後登場した「初桜」や「雪佳景」にこの指輪のテーマやデザインが進化して受け継がれているようです。
# by diarise | 2010-08-01 13:57 | |みなさんへ感謝をこめて|

先日 名古屋で開催されたゼクシィ・ブライダルフェスタ。
俄のブースで配布された成約特典チケットがビジュトリーヨシダでもご利用いただけます。
f0118568_15134968.jpg

人気は無限のマークをあしらった箸置きのようです。
お持ちの方はぜひご提示ください。
# by diarise | 2010-07-26 15:05

「台なし」という言葉があります。
これを婚約指輪で例えると、ダイヤモンドがどれだけ良くても、指輪のデザイン・花嫁とのバランスが悪いと良さが活かされないということです。
好みのデザインは人それぞれですし、指の太さ・表情もみんな違いますよね。
日本人女性の薬指サイズは平均12号だそうです。大粒ダイヤが似合う指は人差し指や中指になりますし、それより細い薬指への婚約指輪は大きすぎない一粒を選ぶのも悪くないと思いますよ。

ダイヤのサイズはカラットで表記されますが、下の指輪は4作品とも、ほぼ同じサイズのダイヤを中央に輝かせています。それなの、デザインによって大きさが違う感じがすると思います。
指のサイズだけじゃなく、デザインの違いでもダイヤの見栄えは変わるんですね。
f0118568_12503.jpg


ところで、日本には昔から「真・善・美」という意識があります。
真の愛は調和から生れるという意味を含むそうです。
結婚のときの男女のことのようですね。男女を結ぶ愛の証がブライダルリング。
お二人も真の愛が輝く指輪で素敵なご夫婦になれたらいいですよね!
# by diarise | 2010-07-25 12:35 | |ダイアモンドの新知識|

今年も記録的な暑さが続く夏になりましたね。
そしてこの時期は三伏のみぎり。昔から一番暑い時期のようです。
一年で最も暑い時に結婚記念日を迎えるご夫婦はパワフルだと思います。
みなさんも体調を崩したりしないようにしてくださいね!
今日の指輪は「綺羅」 幸せが織り成す輝きを表現した俄の指輪です。
f0118568_1102343.jpg

3周年を迎える
関市の直也さん・紀子さん、あの時のお二人もキラキラ輝いていらっしゃいましたね。結婚記念日をおめでとうございます!
9周年になられるのは
一宮市の了三さん・陽子さん、日本の文化遺産のようにお幸せが栄える森の指輪がお似合いのご夫婦です。
関市の和博さん・千鳥さん、お二人の指輪はあの時だけの限定品、あのクオリティーももう手に入らなくなっていますよ。
関市の隆さん・里美さん、未来への可能性もお幸せもきっと、指輪のように無限大に広がっていらっしゃることでしょう。
みなさん結婚記念日をおめでとうございます!
この夏をどうぞ元気にお過ごしくださいね!
# by diarise | 2010-07-22 11:08 | |みなさんへ感謝をこめて|

ブログを楽しみに読んでいただいているみなさん、今日もお疲れ様です。

少し前からよく聞くコトバ「普通に美味しい」とか「普通にスゴイ」とか。

ジュエラーというお仕事をさせていただいていて、シュリンプル(背骨・信念)にしているテーマが「普通」です。

仕事を始めた20代のころ、ジュエリーを作ったり修理したり、デザインすることは簡単だと思っていました。

スジがいいとか言われて嬉しい時期もありましたが、「普通の完成度のジュエリーを作りたい」と腕を磨いているある職人さんに出会って。。。手をつけることを止め、販売に徹することにしました。

普通の仕事って簡単にはできない。

だけど、普通の仕事を普通以上になさっている職人さん、デザイナーさん、メーカーさんが埋もれている事実もありました。

それからは修理一つ、加工一つから商品選別まで見直して、検品マニアになったのもその頃です。

そして、素晴しいジュエリーとお客様の橋渡し・仲人が私の役割になりました。

おかげでお店に並べるジュエリーは激減してしまいましたが、お客様は増えて下さってます。

「普通にスゴイ」が流行語なのは「普通」にはなかなかお目にかかれないことを日本人が感じているからかもしれませんね。

f0118568_20492266.jpg

今日の写真は10年以上前に撮影したものです。現在も人気が衰えないデザインが多く含まれています。

今日は10年ぶりにあるジュエリーメーカーの営業さんが関西から来訪してくれました、今ではお取引は無いのですが。元気を充電しに来てくれたみたいです。彼は正義がポリシーのようで、思い悩むことも多いらしくて。ジュエリーメーカーのボスのみなさん、スタッフさんが胸を張れるジュエリーをお願いしたいと思います。
5年10年20年と経った時、ジュエリーのよさの答えがようやく見えてきます。私たちジュエラーは今だけじゃなく未来にも責任をもった仕事をしたいものです。

ブログランキングに参加しています
人気blogランキングへ←クリックして
応援してくださいませんか→
# by diarise | 2010-07-20 20:39 | |みなさんへ感謝をこめて|

f0118568_1951965.jpg
ほとんどの男性は指輪の事って、正直よくわからないと思うんです。謎の物体と言ってしまえそうなくらい。

「花嫁の気に入るのが良い」。頼もしい言葉の中に、男性の好みでは悪いとのお気遣いを感じます。ですから切羽詰って指輪選びをすると、男女に妥協が生まれがち。反対に、早くから時間をかけておくと意外な展開が。

最初の話と全然違う結婚指輪になることもあるんですよ。ですが嘘をついたと思わないで下さいね。結婚に向かう男女は日々成長して、モノの見方や感性が磨かれてゆくからです。

指輪はお店に並んでいる間はモノでしかありませんが、男女が本音で選びあううちに、心を強く結ぶ絆に変わってゆく気がします。完成を待ちわびて受け取りにいらっしゃる皆さんのお姿に確信している感じです。

今日の指輪は「泉」。 
指輪が生まれるのは京都の出雲路神楽町(関東なら銀座)、贈った男性は大和町神路のお生まれ。神様の路はつながって花嫁を幸せに導いているみたいです。
# by diarise | 2010-07-19 20:02

f0118568_1734370.jpg
真夏を迎えた今日は海の日。
6月に挙式された敬生さんと美里さんが指輪と一緒に里帰りしてくださいました。

岐阜県に海はありませんが、美しい山里があります。
ずっと残る岐阜ならではの場所で始まりの日を迎えたいと
お二人が結婚式を挙げられたのが「牧歌の里」

f0118568_17333055.jpg馬車に乗っての登場には親戚のチビッコさんがお二人をエスコート。

f0118568_17325717.jpg

素敵な記念の日を迎えられました。
お二人の心からの笑顔も素敵です!

f0118568_17331847.jpg








初夏の風もお祝いに駆けつけた中お二人は記念樹を植樹され根元には記念のプレートが添えられました。

セレモニーの途中、突然、雷鳴がとどろいたそうですが、ご存知です?雷様は天からの福音でもあります。

大自然を敬うお二人の気持ちが天に届いて生まれた響きだったのでは。
運命の絆がお二人をしっかり結んでいるみたいです。


牧歌の里での結婚式のお写真をお土産に頂きましたが、そこには感動と笑顔があふていて、、、
お二人のように爽やかな風のような幸せが吹いていました。

素晴らしいロケーションの元でお幸せをスタートされたお二人に
これからもたくさんのお幸せがやってきますように!
# by diarise | 2010-07-19 18:01 | |みなさんへ感謝をこめて|

梅雨明けが待たれる今日この頃です。
夏本番がやって来たら何処かへ出掛けたい季節だからでしょうか、今週記念日を迎えるご夫婦は遠方から訪ねていただいた方がたくさん。不思議なご縁に感謝が生まれます。

2周年を迎えられる 各務原市の塁さん・奈美子さん、お元気ですか、2周年の指輪との里帰りしてくださいね。おめでとうございます!
4周年になられるのは 袋井市の章太さん・恵さん、大学時代のご親友さんのご紹介で遠路遥々お越しいただきました、指輪をツインタワーまでお届けした日が懐かしいご夫婦です。
加茂郡の勝さん・由理香さん、雨は大丈夫でしたか、完成した指輪を本当に大切に思っていただいたご夫婦です。
関市の誠男さん・由理子さん、お変わりありませんか、やっぱり指輪に感動していただいたご夫婦です。
みなさん記念日おめでとうございます!
6周年ですね、長野市の将之さん・比呂美さん、お子さんの慶輔くんとの毎年のポストカードに芸術性を感じています。
刈谷市の透さん・暁美さん、ご家族ご姉妹にもビンテージな指輪を選んでいただいてお世話になっています。みなさん今年もおめでとうございます!
7周年になりますね、郡上市の大吉さん・麻悠子さん、7周年の7月です、良いことありますように。
各務原市の敦さん・晴美さん、お二人も忘れられないご夫婦です、また遊びにいらしてくださいね。
今年の記念日もおめでとうございます!
そして10周年の節目を迎えるのが 揖斐郡の拓也さん・小百合さん、毎年の季節のお便りをありがとうございます!指輪の里帰りをぜひどうぞ!本当におめでとうございます!!
最後は13周年おめでとうございます! 関市の文久さん・さよさん、結婚は人生の夏といわれます、ご夫婦ご家族のお幸せが今年も育ちますように!!
f0118568_11484792.jpg

今日の指輪は俄の「阿吽」
息の合ったご夫婦になって幸せを感じてほしいと願う、息の長い作品です。
# by diarise | 2010-07-15 10:58 | |みなさんへ感謝をこめて|

f0118568_1843738.jpg昨年末にダイヤモンドを選んでいただいた男性のみなさんに感動のエピソードを伺いました。

それはサプライズの婚約指輪が愛する女性に贈られたときのこと。
まさかの出来事に彼女さんは涙で答えてくれたそうです。

←写真はダイヤの原石の中でも最も純粋で稀少で美しくなるタイプ

ダイヤモンドは宝石や鉱物の中で一番純粋な結晶です。
地球の誕生の頃、地中の150km奥で炭素が固まり、マグマが音速を超えるスピードで噴出することで透明に固まります。(速度が遅いると石炭になってしまいます。)
先日もTV番組で特集されていました。コチラがTV朝日の番組のバックナンバー→http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-earth/backnumber/20100207/index.html

世界一純粋な気持ちで贈られたダイヤモンドに感激されて溢れた涙は、宝石のように美しかったのだと思いました。いいえ、どんな宝石よりも美しかったでしょう。地面に落ちた涙は地球の中に戻ってダイヤモンドになるのかもしれませんね。ダイヤモンドの元になっている炭素は人間の元ですし、ダイヤモンドと人は同じ地球の仲間なのですから。
# by diarise | 2010-07-10 22:52 | |ダイアモンドの新知識|

今週記念日を迎えるみなさんおめでとうございます!
結婚してからの時間は幸せを紡ぐ時間かもしれませんね。
心を込めて紡いだとき、その糸は布になって何故か輝いてしまいます。
その輝きを「綾」と言います。そして月日を紡いだ指輪の「綾」お二人の幸せと歴史で輝くのでしょう。
f0118568_13591368.jpg


初めての結婚記念日ですね、各務原市の剛男さん・安希子さん、いつも本当にお世話になります。旦那さまからのプレゼントのジュエリーなどをいつもクリーニングさせていただいてます。1周年おめでとうございます!
3周年を迎えられるのは、名古屋市の和明さん・英津子さんお元気ですか、お二人の指輪へ込めた未来が今年も輝かれることを願ってます。おめでとうございます!
7周年なのが伊勢市の清隆さん・純子さん、7月がアニバーサリーで7周年で、特別な結婚記念日にしてくださいね、おめでとうございます!
8周年になられますね、豊橋市の稔さん・佳恵さん、ご転勤が多いと思います、そのたびにお幸せが膨らんで行かれることを祈ってます、今年もおめでとうございます!

梅雨は日本オリジナルともいえる気候で、私たちの生活を豊かにする恵みの雨と、日本人は昔から崇めてきたそうです。どうぞ皆さんに幸せをもたらしてくれますように!!
# by diarise | 2010-07-08 13:52 | |みなさんへ感謝をこめて|

7月になりました。今年も猛暑と豪雨が交互にやってきて、夏のエネルギーを与えてくれる感じです。
晴れた夜空には天の川も顔をのぞかせてくれて。大自然の恵みに心がトキメキます。
七夕にトキメキいた結婚記念日を迎える皆さんです。

初めての結婚記念日をおめでとうございます!岐阜市の裕一郎さん・香代子さん、記念の指輪選びのために毎回休日を合わせてお越しいただきましたね。1周年の記念日をゆっくり過ごされることを願ってます。
2周年をおめでとうございます!揖斐郡の裕一さん・優子さん、ファッション誌から飛び出したようなお二人は結婚してますます素敵になられました。メンテナンスの里帰りをお待ちしていますね。
3周年になりますね、関市の拳次さん・靖恵さん、早朝野球のスラッガーさんは今年も引っ張りだこでしょうね。記念日をおめでとうございます!
4周年を迎えるのは、各務原市の岳さん・加世子さん、日本に1組しかないドイツリングを選んでいただきました。 昭さん・美保さんは日本に数個しか上陸していないダイヤを選んでいただきました。レアなおふた組酸おめでとうございます!
そして6周年ですね、関市の勝義さん・ひとみさん、お元気ですか、満面の笑顔のお写真が今も光ってます。おめでとうございます!
7周年の皆さんは偶然にも7月7日が記念日、春日井市の宏治さん・百合栄さん、可児市の久司さん・幸さん、岐阜市の由充さん・架与さん、7が3っつ揃う記念日をおめでとうございます!
8周年もたくさんのみなさん、尾西市の大剛さん・真由美さん、遠くから何度もありがとうございました。関市の元孝さん・桂子さん、先日はケアの里帰りに来ていただきありがとうございました。宏さん・明世さん、指輪のように無限の幸せを願っています。みなさんおめでとうございます!
そしてそして10周年を迎えられる関市の謙治さん・志保さん、岐阜市の信義さん・靖代さん、人生の節目をおめでとうございます。次の10年もますますのご繁栄とお幸せを!
11周年のおめでとうございます!ですね、関市の裕二さん・淳子さん、新婚時代と変わらない素敵なご夫婦です。敏彦さん・千尋さん、ご結婚前から長年お世話になってありがとうございます。どうぞ変わらぬお幸せを!
最後は15周年、美濃加茂市の清次さん・美幸さんおめでとうございます!鍼灸の達人のお父様にもお世話になったご夫婦です。皆さんのこれからにもまた良いこといっぱい訪れますように!!

今週の指輪は俄の初桜。
デビュー以来、検索アクセス数がずっと上位の指輪です。
f0118568_21403754.jpg

この初桜がすごいのは、完成する作品が本物の桜のように、毎回2つと同じ花を咲かせないところです。
そして、中央に咲き輝くダイヤモンドは、この上ない透明感と、特別過ぎるメイクの俄カットに磨き上げられていて。
初めてこの指輪を見たときのあの感動、やさしさ・みずみずしさの中に、桜の力強さ・生命力を感じた日が忘れられません。
ただ、俄ダイヤモンドは数が多くないため、競争率が激しくて。。。
だからでしょうか、俄のエンゲージリングを贈られた花嫁さんが感激で涙ぐむお姿を、本当にたくさん拝見しています。
# by diarise | 2010-07-01 23:53 | |みなさんへ感謝をこめて|

1996年に誕生したブリリアントローズダイヤモンドは、当初小粒のダイヤモンドも手に張りましたが、現在は海外での大粒ダイヤのリクエストが多く、小粒で最上質のものは数が減っています。
その上、紫外線で美しい青さに変身する素材はほとんど無くなってしまって。
オーダーして1年待って、やっと入荷したこの一粒。(ダイヤの撮影はアクオス携帯でも困難ですね)
f0118568_03853.jpg

写真では表現できない感動的な美しさ。これを手にする花嫁はどんなに幸せなことだろう。。。
大切に販売したいと思います。

そして、ダイヤモンドの鑑定体験教室を再開しました。
ご予約いただけば、定員4名まで(最小開催人数1名から)受け付けます。
7月は毎週水曜日の午前中を予定しています。

店頭で宝石鑑定用の顕微鏡を覗いていただきながら、ダイヤモンドの失敗しない選び方をお伝えしています!
# by diarise | 2010-06-30 00:13 | |ダイアモンドの新知識|

みなさんはダイヤモンドを初めて見たのはいつでしたか?
その時のことを憶えていますか?
CMや広告、写真で見たときではなく生で見た時のことですよ。

私はと言うと・・・はっきり憶えていません。
ジュエラーになるまでは何を見ても一緒でした。(興味も無かったと言うのが本音です。)
それが今ではダイヤのプロと呼ばれるようになってしまい。。。人生ってわからないものですね。
こうなったきっかけは世界で指折りの研磨職人を育てるアブラハム・ナムダーさんのダイヤを知ってからでした。

f0118568_14551710.jpg左の写真はダイヤの原石です。
このような正八面体の原石は極々わずか。本来なら見つけるのは至難です。
今は大規模に採掘するので簡単に手に入る感じですが、出てくるほとんどの原石は変形しています。
正八面体でも、こんな透明は稀少で、私が一人で採掘したら、これ一粒見つけるのに何十年かかることか…。
そしてダイヤは原石のままではみんなが知ってる輝き方はしないのです。f0118568_169929.jpg

ダイヤは人の手で磨かれ初めて輝くようになります。
研磨職人が一粒一粒を大切に磨き上げます。原石の形は様々ですのでその個性を生かします。あるダイヤは雫形に、またあるダイヤは花嫁が憧れる真円形にと。熟練の職人さんはブリーダーと呼ばれます。わが子を育てる心でベストな形に磨くのです。だけど妥協は許さない、厳しさも愛情だと。ダイヤの輝きは心の輝きみたいです。

f0118568_1702714.jpg
ダイヤは形によって輝き方が変ります。
これはダイヤに入る光線を結晶が屈折させるからで、ダイヤの形を屈折の角度(屈折率)に合わせて理想的に整えると、ダイヤに入る光は表面から裏面へ、再び表面へと光を逃すことなくに輝かせることができます。
そして理想の形に磨けたとき、ダイヤの内部にハートとアローのマークが出現するわけです。
輝きが100%になったとき、ダイヤの中に偶然の愛が生まれたと言えるでしょう。

f0118568_1816891.jpg理想のカットの副産物はハートとアローのほかにブリリアントローズという模様を咲かせたりします。
このダイヤモンドがナムダーさん家の世界特許の輝き。
真円形のダイヤに入る光の数をカットの面数で見たとき上部が33面/下部は25面という矛盾を解決したこのダイヤは33面から入る光線を33の下面で受止めます。
そして光は必ず中心軸を通り数を減らざず輝きます。
虫眼鏡で光を1点に集めるみたいに愛を燃やしそうなダイヤです。f0118568_20102921.jpg

ダイヤのいろいろな表情・・・ハートやアローはスコープを使わないと見えませんが、肉眼ならダイヤの中央の大きな面を見てください。
ここをテーブル面と呼ばび、形や広さが1粒ごと微妙に違います。
テーブル面の状態はカット品質の評価対象になっています。
またこの面の形は輝きに影響を与えます。
例えばテーブル面が2つの正方形が重なったカットは輝きの表情が清楚で力強くなります。
ですが、これを完成させることは容易でなく数も少なく貴重なダイヤ、しかも諸刃の剣なんです。
ダイヤの中味が大きく丸見えになるため、内包物(インクルージョン)まで丸見えです。
中味を明確に見せてしまう特徴は俄ダイヤモンド、ブリリアントローズダイヤモンドの共通点と言えます。
内包物がフェザー(ひび割れ状インクルージョン)だったり、カーボン(ダークインクルージョン)だったりすると
一般的なトリプルエクセレントカットや多面体カット、変型カットのように輝きでカバーすることはできません。
人間性を見るような、素肌を感じるような、心の眼に問いかける輝きを感じます。

f0118568_0133916.jpgさて写真がいきなりダイヤじゃなくなりました。貼り間違い?いえいえ。じゃあなぜ日本庭園と枡??お伝えしたかったのはこの二つの共通点。どちらも真角。この正方形の縦と横の比率1:1の美しさを「白銀比」といいます。これは日本の伝統的な美の基準です。(これが西洋的なら「黄金比率」、テレビの画面の縦と横の比率の元です)f0118568_21424849.jpg

この「白銀比」に着目して、カットしたダイヤが登場しました。その名を「俄ダイアモンド」言います。ヤ じゃなくて ア なのはこちらが正式名称だから。ダイヤモンドとの表記に慣れてしまった日本人ですがこれは俗称なのです。それはさておき、この白銀比のダイヤは本当に上品。世界中が憧れる日本女性の奥ゆかしさが嫌味のない輝き・・・という感じです。何でも贈る愛の素直さ、正直さ、真面目さ、謙虚さを2つの正方形に託して表現している宝石なのです。f0118568_2265912.jpg

最後はこちら、普段は透明なダイヤが紫外線を浴びたとき・・・一瞬でブルーに!?その瞬間がこの写真で、息を飲むほど感動的。南アフリカ産の個性的なダイヤです。日焼けするくらい熱い愛の視線を送ったら・・・色が変わったら素敵ですね。知らないうちはどれも同じに見えるダイヤですが、実はこんなに楽しさが隠れているのです。みなさんも、いざと言う時には私の所へこの感動を味わいに来てくださいね!

俄カット、ブリリアントローズカット、ストロングブルー、、、
世界に通じる美しい宝石は本来稀少で、大量には流通しません。
巡り合えただからお二人はとっても幸運で、幸せになれるのでしょうね!
# by diarise | 2010-06-29 15:29 | |ダイアモンドの新知識|

「この雑誌でビジュトリーヨシダのページを開かなかったら、結婚指輪がこんなに愛しいものとは知らずに買うところでした・・・」
こんな嬉しいお声を下さったカップルさんがあります。
このお二人にも、とっても誠実に、真心を確かめ合って指輪を選んでいただけました。

画像がその雑誌「結季吉(ゆうきのしょう)」のまもなく発売になる誌面です。

結婚指輪や婚約指輪を選ぶことが、年々システムチックになっている気がします。
一生で一番大切で、永遠に残る、純粋な気持ちの証が結婚への指輪。
「モノ」ではあっても、そこに「ココロ」が無いようでは残念ですよね。

素晴らしい指輪は、日本中から素晴らしいカップルさんを呼び寄せてくれます。
それに関わらせていただく事に本当に感謝なのです。
心をいつも糺して、皆さんのサポーターに励みたいと思います!
# by diarise | 2010-06-25 22:24 | |新聞・雑誌に掲載されました|

昼間の時間が一番長い夏至を迎えて、伊勢神宮へ行ってきました。
払いたまえ 清めたまえ 守りたまえ 幸わいたまえとお祈りして、お世話になったみなさんのお幸せを祈ってきました。
みなさんの存在が、今の私の存在に価値を与えていただいています。本当にありがとうございます。
f0118568_1233409.jpg

今週の指輪は俄の「Bios」。価値ある人生を謳歌しよう!というテーマの指輪です。

そして今週が結婚記念日のみなさんです。
2周年を迎える高山市の裕史さん・琴美さん、人生の夏を価値ある指輪と歩んでいいただいてます、おめでとうございます!
3周年は安城市の宰さん・悠子さん、指輪をお渡しに伺ったあの日が昨日のようですね、おめでとうございます!
5周年の節目ですね、可児郡の晃弘さん・聡子さん、お変わりありませんか、これからのお幸せも祈っています、おめでとうございます!
7周年ですね、一宮市の英朗さん・七恵さん、厳粛な指輪交換のお写真が残っています。関市の宗督さん・和子さん、もうこんなにたつのですね、お元気ですか。大慈さん・美穂子さん、刀剣を見定める眼で指輪を選んでいただきました。みなさんおめでとうございます!
8周年なのが関市の聖さん・幸代さん、心で会話させていただきましたね。真一さん・陽子さんもお変わりありませんか。みなさんおめでとうございます!
9周年 四日市市の貴之さん・寛子さん、そろそろまた関にいらっしゃる頃かと、酔ってくださいね。関市の雅雄さん・有理さん、毎年の年賀状もありがとうございます。みなさんおめでとうございます!
10周年という大きな節目ですね、 各務原市の孝彰さん・洋子さん、今年もご実家の梅は無事収穫できましたか。関市の智宏さん・千春さん、お元気ですか、ぜひ記念日の指輪のケアにいらしてくださいね。みんさんおめでとうございます!
そして11周年をおめでとうございます!美濃加茂市の輝夫さん・知恵子さん、次の10年に向けてこれからもお幸せを積み上げてくださいね!
みなさん本当におめでとうございます!!
# by diarise | 2010-06-22 11:47 | |みなさんへ感謝をこめて|

綺羅と花嫁と真珠の関係

今日の俄の指輪は「綺羅」
f0118568_22264550.jpg

綺羅はキラキラの語源という説もある日本語をテーマにした指輪です。
だから着こなしていただけるのでしょうか、今日お渡しできたNさんYさんはとっても清涼感のあるオーラを持っていらっしゃいます。

真っ直ぐなフォルムなのに、正面には右肩登りのデフォルメが、紡ぐ糸の交差を表現しています。
あしらわれた小粒のダイヤモンドは上質な織物のような仕上がりで引っかかりもなくて。
お二人の幸せの良き友として人生を見守って輝きます。
本当にお幸せになっていただきたいものです。

ところで、結婚式のドレスにアコヤパールを装うトレンドが来ています。
花嫁の皆さん、ウエディングドレスに日本のアコヤ真珠のネックレスの装いは、欧米のセレブな花嫁の憧れだって知っていましたか?
胸元だけでなく、ヘッドドレスとしても日本の小粒の真珠は憧れの的なのですよ。
外人さんに聞くと、日本の花嫁は結婚式にイミテーションのアクセサリーを着けてるのが残念だそうです。
せっかくだから、ご自身やご家族のパールを使ってみませんか。
f0118568_22351432.jpg

それではここで、お手持ちの真珠をYESかNOで確認してみてください。
その① 珠の大きさはトップ(または金具側)が大きく、金具側(またはトップ)が小さくなるように、グラデーションに並んでいますか?
理想の答えはYES(珠の並びがばらついたままの真珠は美しく装えません)
その② ネックレスの長さはお店に並んでいたときのままではなく、オリジナルの長さになっていますか?
理想の答えはYES(店頭に並ぶ真珠は洋服なら15号の首周りの長さ。信頼のおける店は長さあわせをして販売します)
その③ ネックレスの糸は金属製などではなく、しなやかな繊維の糸ですか?
理想の答えはYES(切れないと評判のワイヤーは糸は長持ちしても真珠の寿命を縮めます)
その④ ネックレスの金具は背中だけでなく胸元でも使えるデザインになっていますか?
理想の答えは①YES(真珠は冠婚葬祭の葬だけに使うものではありません)
その⑤ 購入したとき、肌に当てて相性の良い白さで選びましたか?(真珠の色は肌の内側との相性で選びます)
その⑥ 身長を考えて珠の大きさを選びましたか?
理想の答えは①YES(大は小を兼ねません。若くて大粒過ぎるとドレスマナーに反する場合も)
その⑦ 真珠を着けるときのマナーを聞いて購入していますか?
その⑧ ネックレスを伸ばしたとき、珠と珠の間の隙間は1ミリ以下になっていますか?(⑦⑧については直接お話できれば)

質問の答えで販売する宝石店のクオリティーがわかります。⑧はYESなら糸が切れる合図ですのでメンテナンスをお早めに。

パールネックレスは着ける本人、家庭、ご実家の信用問題になるジュエリーです。とくに上の質問の半分以上が答えと違った方は是非私に相談にいらしてください。ジュエリーと人を大切にしたい私からのお願いです。
# by diarise | 2010-06-20 22:52 | |結婚指輪の新知識|